2017年が始まりました!


明けましておめでとうございます!治療家熱血サポーターの田村です。

 

さあ、今日から2017年ですね!

 

皆さんゆったりとお休みを満喫していることと思います。

 

僕も今日は家でのんびりと過ごしているのですが、今年やりたいことが一杯ありすぎて元旦から落ち着きません。

 

ONとOFFの切り替えって僕にはないんですよね。

 

だってやりたいこと、好きなことだけやっているので全てがOFFで全てがONなんです(笑)。

 

だからいつもワクワクして居られるのかな?

 

基本楽観的な人間なので、物事をポジティブにしか考えられないんですよね。

 

要は、考え方が単純なんです。

 

よくネガティブな発信とか落ち込んでいる人を見かけますが、そんな人を見て思ってしまうことは、

 

「生きてるよね。生活出来てるよね。じゃあ大丈夫じゃない!」

 

失敗なんて大なり小なり皆んなやっていること。

 

自分の失敗は他人からしてみれば些細なことなんですよ。

 

失敗するということは行動した結果であって、失敗を恐れて行動しないでいるより数倍、いや数百倍もマシ!

 

その経験が自分を強くしていくと思うんです。

 

失敗して怒ってくれる人はその人を心配しているから、その人にシッカリして欲しいから怒っているんです。

 

今年も恐れないで進んで行きましょう!

 

迷っているなら行動しましょう!

 

2017年、新しい年。

 

皆さんにとって楽しい年になりますように!!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら

 


0 コメント

治療家のためのセルフブランディング基礎講座⑧ ブログの構築(2)


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

2016年も残り2日となりましたね。

 

仕事納めの方、今日明日もお仕事の方、どちらもご多忙かと思いますがお身体には気をつけて良いお年をお迎えください。

 

さて、このブログも今年最後のブログとなります。

 

前回はブログを構築するにあたり、無料ブログを使うよりもワードプレスにて構築した方が良いというお話をさせて頂きました。

 

今回はその導入にあたりメリットとデメリットをお話しさせて頂こうと思います。

 

 

まずメリットですが、以下の事項が当てはまります。

 

❶ 商用利用が出来る

 

今回ご説明しているブランディングにはこれが出来るのと出来ないのでは雲泥の差が生じます。

「ブログを何故作るのか」という目的が集客であったり、今後のセミナー告知であったりした場合、無料ブログでは基本的に商用利用が禁止されていますので、記事を削除される危険性があります。

折角築いたブログが明日には閉鎖何てことになったら大変ですよね。

 

❷ SEO対策に効果的

 

ワードプレスはGoogleの開発者さえ認めるくらいSEOが強いです。

SEOという言葉を知らない方に簡単にご説明しますと、例えばYahoo!やGoogle等で「美容鍼」というキーワードを検索したとします。

そうすると上から検索結果が出てきますよね。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、こういった検索エンジンでより有利な表示のされ方をされるように最適化するというものです。

検索結果の5ページ、10ページ目までいって情報を探しますか?見ませんよね。

より上位に表示され、集客するためにはここが一番重要となってきます。

 

❸ 機能拡張が出来る

 

無料ブログでは時々は運営側での機能拡張はありますが、今これがしたい、この機能を追加したいという要望には応えることができません。

しかしワードプレスでは機能拡張に必要なプラグインと呼ばれるものが豊富にありますので、あなたの今に応えることが出来るのです。

 

 

 

では次にデメリット。

 

❶ ランニングコストが掛かる

 

無料ブログとは違い、月々のランニングコストが掛かってきます。とはいえ、無料ブログであってもスポンサー広告を消すのに月々500〜1000円のコストが掛かりますので、それと比べてみると然程差はありません。

実際僕がお勧めしようと思っているサーバーは月に500円ほどです。

 

 

❷ 初心者向けではない

 

確かに無料ブログとは違い、はじめに設定することや、アップデートなど自分で行う必要はあります。

しかしこれも最近のレンタルサーバーは電話サポートが付いていたりマニュアルに沿って設定していくだけで簡単に構築できるようになりました。

いろいろ自分でいじっていくうちに知識は身についてくると思いますので心配はいらないと思います。

 

 

まだまだ独自ドメインが使えたり、バックアップが取れたりなどの良い部分がありますが、今回は代表的な所を挙げさせて頂きました。

 

最近無料ブログの商用利用には締め付けが厳しくなって来ています。

 

僕の知り合いでも何人も記事を消される人が増えてきました。

この年末年始を使って移行を考えるのも良い機会かと思います。

 

やってみると簡単に構築することが出来ますよ。

 

わからないことなどありましたらご相談にのりますので是非トライしてみてくださいね。

 

では皆さん、良いお年をお迎えください!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら

 


0 コメント

治療家のためのセルフブランディング基礎講座⑦ ブログの構築(1)


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

前回まで集客に関するブランディング方法についてお話しさせて頂きました。

 

今回はブランディングに必須となる「ブログ」についてお話しさせて頂こうと思います。

 

一言に「ブログ」と言ってもいろいろな種類があり、初めての方はどこのブログシステムを利用すれば良いのかきっと迷われることと思います。

 

無料で使える有名所と言えば、

 

「アメーバブログ(アメブロ)」

「FC2ブログ」

「ライブドアブログ」

「シーサーブログ」

「はてなブログ」

「so-netブログ」

「gooブログ」

「Yahoo!ブログ」

「exciteブログ」

「JUGEN」

 

この他にも多くの無料ブログシステムが存在します。

 

 

さて、一体この中かからどこのシステムを利用すれば良いのでしょう。

 

まず前提として、無料システムは何故無料で運営することが出来るのかを考えて行きましょう。

 

これらのシステムはブログの利用者からお金を回収せず、そこに広告を出す企業から収益を上げているものです。

 

有料プランに移行すれば、スポンサー広告を表示しない設定にも出来ますが、そこにブログ運営者がバンバン広告を載せてしまうとそのブログシステムは経営が成り立たなくなってしまいますよね。

 

ですから、ブログ運営者の広告は基本的にNGです。

 

発覚した場合は、退会処置を取らされてしまいます。

 

私的なブログではなく、ブランディング構築を行うにあたり、自分の治療院をPR出来ないというのは如何なものでしょう。

 

そこで、オススメしたいのはこれら無料ブログシステムを利用せずにワードプレスを使って自分でブログを構築してしまう方法です。

 

ただ、この方法、業者に頼んで構築してもらうと、うん十万とお金を取られます。また、その後のサーバー管理費として毎月うん万円請求され続けます。

 

そんなお金勿体ないので簡単に自分で構築できるノウハウをお話しさせて頂こうと思います。

 

業者泣かせですよね(笑)。

 

「そんな面倒なことやってられない」と思われる方は効果の出ない無料ブログを使うか、高いお金を叩いて業者に頼んでくださいね。

 

実際にやってみるとこんなに簡単なんだって思って貰えると思います。

 

次回は、ワードプレスでの構築でどのようなメリット、デメリットがあるか挙げさせて頂きます。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

温故知新vol.29の告知


こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です!

 

「温故知新」11月号が発刊致します!

 

今月号の特集は、「スポーツトレーナーを目指す」。

 

2020 年の東京オリンピック・パラリンピックが間近に迫り、 治療家の中にはスポーツトレーナーを目指す方も多いことでしょう。
そんな方に向け、スポーツトレーナーの現状とその実態を専門家にお伺いしました。

また、実際に海外でトレーナーとして活躍している鍼灸師にも、現場のお話や苦労話しをお聞きしました。

将来トレーナーを目指す全ての方に参考にしていただけると幸いです。

 

新連載となる「今月のアロマセラピーレシピ」はvol.26でメディカルアロマの特集をさせて頂きました建石紀美枝先生に毎月アロマのブレンドをお送りする記事となっています。お楽しみに!

 

ますます好評な連載記事は以下の通りです!

 

鍼灸大航海時代「新鍼灸ドキュメンタリー映画撮影開始」/伊藤 学


目からウロコの物理学的経絡治療「番外編 基礎理論の大切さ」/岡西 裕幸

 

医療接遇「所作」/上石 優子

 

鍼灸師のための経穴デザイン入門「世界一やさしい“三焦”の解説(中編)」/栗原 誠

 

北埔便り 台湾の長寿村から「温故知新セミナーセンター開業準備室」/村尾 則広

 

柔整師は現場経験が命「柔道整復師としてのカラダの見方」/山田 敬一

 

「河村先生に聞く水素水①」/林 健司 × 河村宗典

 

元気になる楽食「サッパリ味の春菊の餃子」/名畑のぞみ

 

 

「温故知新」は全国の鍼灸・柔整学校や医学書取り扱い書店に設置して頂いております。

 

また、定期購読にお申込みいただけますと毎月お手元までお送りさせて頂いております。

 

ますます目が離せない「温故知新」。是非ご覧頂ければと存じます!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

治療家のためのセルフブランディング基礎講座⑥ 集客(4)



こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

前回は集客に対するブログで意識しなければならない注意点として、ターゲットを絞った記事とオンラインでもオフラインでも同じ言動を心掛けるという事をお話させて頂きました。

前回の記事
 
今回は、ブログの読者とどう向き合っていくかをお話させて頂こうと思います。
 
長年ブログを書いている方はお分かりだと思いますが、読者からコメントが付く事がありますよね。
 
ブログだけではなく、Twitterやfacebookでも同じだと思いますが、そのコメントはすべての人の共通認識ではないという事を意識して下さい。

読者には二つのタイプの人たちがいます。

ひとつは「反応をくれる読者」。

もう一つは「サイレントマジョリティーを構成する読者」です。

多くの場合反応を返してくれる読者たちは熱心でコアな読者であり、強い主張を持っていますので、それだけに反応していると、どんどん狭く深く枝葉末節に入り込むことになってしまいます。

それに対し一つ一つ対応していってしまうことで大半のサイレントマジョリティーにとって不可思議で興味を持てない方向に進んでいってしまいます。
 
ブログには「いいね」ボタンが無い代わりにアクセス解析のプログラムが入っています。
 
コメントの多さよりも、アクセスの多さを重要視してブログを運営していくことが非常に重要となります。

とりたてて反応はしないけれど、継続的にブログに訪れてくれて、ずっと読んでくれるリピーター読者が影響力を支える基礎体力となるのです。

専門家はコアな話題に移行しがちです。

もう一度ご自分のブログを見直してみましょう。

次回はブログを構築するにあたりどの様なブログシステムを利用したら良いのかお話しさせて頂ければと思います。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


治療家のためのセルフブランディング基礎講座⑤ 集客(3)

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

 

前回は自分をメディア化するためにブログが必要不可欠なもので、「より価値のあるメディア」になるために万人に対する記事ではなく、ターゲットを絞った専門家でしか書くことの出来ない記事を書くことの重要性をお話させて頂きました。

 

前回のブログ

治療家のためのセルフブランディング基礎講座④ 集客(2)

 

今回はブログを書くにあたって意識しなくてはならない注意点をお話ししていこうと思います。

 

今回は集客にあたってのブログ発信ですので、しっかりとお客様の目線に立った記事を発信しましょう。

 

治療院に訪れるお客様は、様々な疾患を抱えています。

 

それら全ての情報を次々とブログに書いていてもターゲッティングが出来ている記事にはなりません。

 

あなたが求めているお客様に絞った記事を繰り返すことによって専門性が現れます。

 

美容なら美容、婦人科疾患なら婦人科疾患。専門用語を使わず、わかりやすい記事を心掛けましょう。

 

 

現代はOnline to Offlineと言われるようにネット上で評判が高まり、リアルな店舗での収益につながる時代です。

 

そこで重要になるのが「オンラインでもオフラインでも同じように言動をする」ということです。

 

SNSではフランクなのに実際に会ってみると近寄りがたい人、またはその逆の人。結構いますよね。

 

素の自分を発信していないとこういったギャップが生じてしまいます。

 

あなたの発信を診て来店する方は、その発信の中のあなたの性格を読み取って来店してくれます。

 

そこでギャップがあっては発信の信頼関係が薄らいでしまいます。

 

ブログを書くときは、「その人がもし目の前にいたらきっとこういう言い方をするだろう」と思える方法で表現しましょう。

 

この先を書くと大変長いブログ記事となってしまいますので、少し短いですが今回はこの辺で。

(あくまで読者目線で。)

 

次回は読者とどう向き合うかをお話させて頂こうと思います。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

治療家のためのセルフブランディング基礎講座④ 集客(2)


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

前回は集客とういう観点から、はじめて院に行こうと考えているお客様は発信から何を見ようとしているのか、また、その発信を見てくれるにはどういった動線が必要になるのか。

 

そして、ブランディングにおいて、「自分をメディア化」することが最も重要だとも書かせて頂きました。

 

今回はそのメディア化についてのお話しをさせて頂こうと思います。

 

メディア化に大きく貢献するもの、それは「ブログ」です。

 

情報がリアルタイムで流れていくSNSとは違い、ブログは長年Web上に留まり検索されます。

 

ですから、ブログの構築はあなたの未来像を構築するために必要不可欠なツールと言えることができます。

 

例えばあなたが来てもらいたいお客様が「美容鍼」だとして、あなたが今開いている治療院の場所、仮に「横浜」だとしたら、この2つのキーワードでヤフーやGoogleの検索をおこなった場合、しっかりとあなたのブログやSNSが検索の上位に出てきますか?

 

もし出て来ていないのであればそれはあなたの行っているメディア化活動が少ないということです。

 

ひと昔前には SEO対策という商売もありましたが、(いまでも残っていますが…)今では発信を続けていれば上位に掲載されるようになってきました。

 

お客様、患者様はこういったキーワードから治療院を見つけに来ます。

 

有料サービスの登録サイトよりも確実で、コストも掛けずに集客出来ますよね。

 

 

例えば僕の場合、「治療家熱血サポーター」という肩書きで今仕事をしています。

 

ちなみに試しにこのキーワードで検索サイトを調べて見て下さい。

 

検索結果のページほとんどが僕の発信に結びついています。

 

ですからこういったニックネームやキーワードを発信に入れ込んで展開していくと効果が高いです。

 

「美容鍼専門家×××」とか「美しくなれる美容鍼のエキスパート×××」などあなたが押したいキーワードを一緒に発信してみてください。

 

もちろんその発信内容もそれに特化させたものでなくては効果がありません。

 

「そもそも私は何を達成したいんだっけ?」という目的を明確に持った発信を心掛け、「何を書くか」ではなく、「今日は何を伝えようか」を考えた発信をしていって下さい。

 

万人に対する記事ではなく、ターゲットを絞った専門家でしか書くことの出来ない記事を。

 

読売新聞は1000万部の発行部数を誇っています。

 

その一方日本経済新聞はその半分にも満たないものです。

 

しかし、日経新聞のほうが読者を絞り込み、読者にとって「より価値のあるメディア」となっています。

 

つまりは、そういうことなのです。

 

 

次回はブログを書くにあたって意識しなくてはならない注意点をお話ししていこうと思います。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

治療家のためのセルフブランディング基礎講座③ 集客(1)


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

前回までにブランディングの種類やブランディングを行うにあたっての目標設定についてお話しさせて頂きました。

前回の記事はこちら↓

今回は前回設定した目標に向けてどういった発信をして行ったら良いのかをお話しさせて頂こうと思います。

目標によって方法は異なりますが、治療家にとって必要だと思われる事案をいくつか挙げて説明させて頂きます。

まずは治療院において経営を安定させる為に必須事項である「集客」について。

チラシ・広告・ブログ・ホームページ・SNS等、様々な形態があります。

コストを掛けずに一番効果を上げることができるのはホームページ・ブログ・SNSですよね。

良く耳にするのが、「SNSでお客様向けの発信をしていても、大してお客さんが来てくれない」というものです。

実はそれは発信のやり方が間違っているから。

 

「うちはこんなサービスがあります」
「今月はこんなキャンペーンをやっています」
「◯◯鍼やり始めました!」

さて、これで何人が沢山ある治療院からあなたのところを選んでくれるでしょうか?

 

基本的にSNSで繋がっている方はもうあなたのことを知っている方です。

既存客に対する発信であれば、もうあなたの院の特徴はわかっているのでサービスの内容やキャンペーンなどの発信は必要ありません。

そこはニュースレターなどを書いて送りましょう。

はじめて院に行こうと考えているお客様は発信から何を見ようとしているのか?

また、その発信を見てくれるにはどういった動線が必要になるのか。

そこが集客のツボとなります。

発信のスタイルは3つのパターンに大きく分かれます。

①お客様向けの発信
②同業者に対する発信
③友達・知り合いに向けた発信

SNSでの発信において一番多いのは③ではないでしょうか?

②ばかりの人も多いですよね。

もう、集客は必要ないと思われている方はそれでも構いませんがそうでなければ①を意識的に発信に織り込んでいくことが大切です。

先に書いたようにはじめて院に行こうと考えているお客様は発信から何を見ようとしているのか?をお客様の目線から考えていきます。

 

まず、ホームページで見られるのは、

 

・自宅・職場の近くのどこに治療院があるのか

・営業時間

・自分の疾患にマッチしているのか

 

このくらいでしょうか。

 

これ以上色々書いていても見られる事はありません。何故ならどの治療院も同じようなことが書かれているからです。

 

違うことを書こうにも広告の規制があるのでなかなか難しいのも事実です。

 

それだけで来院するのはお客様の立場に立ってみると切羽詰まっている方を除けばハードルが高く、足が鈍ってしまいます。

 

そこで必要になってくるのがFacebookやTwitterといったSNSでの発信です。

 

ホームページ上にSNSへのリンクを貼りましょう。

 

勿論内容が見える形でです。

 

 SNSは日常の友達や知り合いとのコミュニティーで使っているという方は、この機会にぜひパーソナルと分離したもう一つのアカウントを取得してください。

 

何故一緒ではいけないのかというと、初めてそれを見る方にとってはその投稿が全てです。

 

友達と飲み食いしたり遊んでいる写真を投稿していたり、見慣れない専門用語が並んでいたりすると、せっかく興味を持ったお客様を逃してしまうからです。

 

また、分離することによって日常の気兼ねないあれこれを書ける場所が確保出来ます。

 

では、投稿の内容について。

 

SNSはあくまでコミュニケーションツールです。

 

患者様と一緒の写真を増やして行きましょう。(勿論、同意の上でです)

 

お客様に寄り添った発信をしていくことで、はじめての人でも「気軽に行けそう」、「この先生のところだとちゃんと聞いて治して貰えそうだな」と思ってもらえるようなアットホームな投稿が一番効果が上がります。

 

ホームページに載っている院長プロフィールでは伝えることの出来ない生の「自分」を伝えることが出来ます。

 

欲を言えば、自分で上げるのではなくお客様が上げてくれてタグ付けして貰えるのが理想ですね。

 

そうすると他の方から、患者さんと先生の信頼関係がきちっと取れているという認識をして頂けます。

 

繁盛している治療院のホームページや投稿を参考にしてみて下さい。そして、真似して下さい。

 

SNSの評価がきっと変わるはずです。

 

こうした投稿によって「自分をメディア化」することは、ブランディングにおいて最も重要な位置付けとなります。

 

次回も集客についてもう少し掘り下げてみたいと思います。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


治療家のためのセルフブランディング基礎講座② 目標設定


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

前回から始まりました「治療家向けブランディング基礎講座」。

 

今回はその2回目。

「セルフブランディング」の続きとなります。

 

前回はブランディングの種類。またその中でもコストをさほど掛けずに少人数でも短期間に価値を高めることが可能となる「セルフブランディング」についてどういったものなのかをお話しさせて頂きました。

 

前回のブログはこちら↓
セルフブランディング(1)

 

今回は具体的にどいう手順で進めていくのかを解説しましょう。

 

セルフブランディングの方法は多種多様です。

 

チラシ、メディア出演、セミナー開催、ブログ・SNSでの発信、書籍の出版、等々、一つ一つ取り上げるとキリがありませんが、「自己価値を高める」という観点から考えると、何をするにしても闇雲に発信していてもなかなか結びつかないものです。

 

はじめに「あなたがなりたい未来像」をしっかりと目標設定することが重要です。



今回はその未来像を目標設定する具体的な方法について述べていきます。

まず、紙を用意して下さい。出来れば大きめの紙で、三行使いますので横に使った方が書きやすいです。

二本縦に線を引いて、右に「過去」、真ん中に「現在」、そして左に「未来」と書いて下さい。

そしてその枠に箇条書きでそれぞれやって来た事、現在行なっている事、将来の目標を記入します。

現在、過去、未来の順に記入していくと、未来像が掴めやすいと思います。

次に過去から現在、現在から未来に繋がる線を書いて下さい。

もちろん過去にやっていたもので未来に繋がるものもあると思いますので、その場合は過去から未来へと線を結びます。

出来ましたでしょうか?

では今度は未来に書かれた項目の達成までの年数を記載して下さい。未来像に繋がる線の中間に、どの様な行動プランが必要でどのくらいの期間を要するのか考えて記入して下さい。

一個一個の未来像を分けてスケジュール帳に予定を組んでみて下さい。

最後にそれが全て合わさったものが、あなたの未来像実現までのタイムスケジュールになるのです。

スケジュールが無ければ人というものは時間に追われズルズルと無駄な時間を消費しがちになってしまいます。

「目標」が「夢」で終わってしまわないよう、シッカリとしたスケジュールを組んで行きましょう。

次回は未来像へと繋がる線の中間で、どの様なセルフプランニングが必要になるかを説明して行こうと思います。

治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら

 


0 コメント

治療家のためのセルフブランディング基礎講座① ブランディングの種類


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

皆さんブランディングという言葉は聞かれた事がありますか?

 

Wikipediaによると、ブランディングとは、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。

ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域 ・祭事など、あらゆるものが該当する。とあります。

 

では、治療家にとってのブランディングとは一体どういうものなのでしょうか。

 

今回から数回に分けて治療家向けのブランディングを解説していこうと思います。

 

今回はその1回目。まずは基礎となるブランディングのお話。

 

 

今や大企業、中小企業までもがブランディングの構築を行って企業価値を高めています。

 

まずはブランディングの種類を見て行きましょう。

 

◯セルフブランディング

 

あなた個人自身をブランディングしていくのがセルフブランディングです。

 

情報発信で稼ぐ場合、このセルフブランディングを行っていくのが効果的です。

 

 

プロダクトブランディング

 

 

プロダクトブランディングは商品やサービスをブランディングすることです。

 

コーポレートブランディング

企業をブランディングしていくことをコーポレートブランディングといいます。

 

治療家向けのブランディング講座なので、まずはセルフブランディングを取り上げて行きます。

 

他のブランディングと違い、個人のブランドのような無形財産であればコストをさほど掛けず、少人数でも短期間に価値を高めることも可能だからです。

 

鍼灸・柔整のプロダクトブランディングには広告の規制という問題が立ちはだかります。

 

しかし、セルフブランディングであればそれもクリアすることが可能ですし、ましてや治療院が有名になるということは、先生個人が有名ではないと成り立たない話です。

 

顧客や消費者に対してあなたをセルフブランディングし、あなたをブランドだと認知してもらうには、その価値を提供して差別化・独自化を図っていくことが有効です。

 

 

 

ではその価値とはどのようなものか以下の3つに集約されます。

 

◯ 機能的価値 (性能)

◯ 感情的価値 (好き・嫌い)

◯ 自己表現的価値 (キャラ・信念)

 

 

 

もしあなたがブログやSNSにおいて情報発信をしているのであれば、読者の中でのあなたに対する機能的価値(性能)を高めるためには読者の役立つ情報を発信していく必要があります。

 

 

 

また読者の中でのあなたに対する感情価値(好き・嫌い)を高めるには懇切丁寧な対応をしたりコメントを返したりしていく必要があります。

 

 

 

自己表現的価値を高めるためにはあなたの理念や考え方を明確に打ち出していくことです。

 

今日食べたラーメンが美味しかったとか、今日はこんなところに行きましたといった、日記的な投稿ばかりではないですか?

 

自己表現や、感情的な観点から見ればそういった発信も必要だと思いますが、そればかりだと、見てくれるのは友達だけになってしまいます。

 

あなたの信念やあなたしか提供することの出来ない機能的価値をもっと発信して行きましょう。

 

具体的な進め方については次回以降お送りさせて頂きます。

 

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。治療化向けのコンサルティングを行う。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

やりたい事とやりたくない事を選別する


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

今日は勤労感謝の日。

お休みの治療院さんも多いのでしょうね^ ^

一人で経営されている方はこういう休みを使って、日々出来ない事とかを片付けている事かと思います。

一人だとどうしても時間の制約があるので、物事をなかなか前に推し進める事が出来ない事も多いですよね。

今回はそんなお話。

一日は平等に24時間という時間が与えられています。

この時間をどう使うかは自由なのですが、一人で仕事をしていると一から十まで自分自身でやらなくてはいけなくなり、それを処理する時間で大半を失なう事になります。

では、人を増やせば良いのか?

実際はそう都合良く仕事は回りません。

人の教育や、その為の環境作りなどさらに多くの業務をこなして行かなければならなくなるのです。

コピーロボットのように自分が2人居たら楽なんでしょうけれど、残念ながらバケルくんはこの世には存在しません。(てか、古ーーっ!)


ではどうしたら良いのか。

僕なりの結論は、やりたくない仕事をやらない事です。

収益にもよりますが、面白くない仕事をしていても長続きしないですよね。だったらいっその事やらなくてはいいように仕事の仕組みを変えちゃえばいいんです。

やりたい事とやりたくない事を書き出して、やりたくない事の中でどうしてもやらなくてはいけないものだけを残して後は捨てて下さい。

意外と日常的に慢性化になっている無駄なものがきっと見つかると思います。

やりたい仕事はどんなに時間が掛かっても飽きないし、楽しい事です。

どうせ時間を使うのならば、そこにウエイトを置いた方が良いですよね^ ^

紙に書き出し、可視化してみる事が大事です。

この休みの日を使って一度試してみて下さいね^ ^


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


目標を定める事の重要性


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

久しぶりにゆっくりと休める日が取れたので、14時間くらい爆睡していました。

たまにこうして身体を休めるとかえって身体が重く感じる事もあり、本当に良いのかどうなのか(笑)

普段から規則正しい生活するのが本当は一番良いのでしょうけれど…

(ウチのワンコも爆睡です)

でも、こう行った目的もなくまったりと過ごす時間って、これからの事とかいろいろと考えてみる良いインターバルですよね。
 
最近話をしていてよくこう言う方がいます。
 
「将来は美容鍼をメインに都内で開業して有名になって儲けたいんですよ。」
 
一言言っておきます。
 
ハッキリ言ってそんな考えでは有名にもなれないし、儲かりもしません!
 
それは「夢」であって「目標」ではないですよね。
 
目標を持って事に当たっている人には強いパワーを感じます。
 
今自分が置かれている立場を考えて1年後にどういった自分になろう、どういった立場に立っていよう。2年後、3年後は…。
 
そしてそこへ行くためには今何をしなければいけないかを考え、計画的に事を起こす。
 
それが目標を持っている人、それを叶えようと懸命に努力する人のあり方だと思います。
かくいう僕も前はシッカリとしたグランドデザインが出来てはいなかった人間でした。
そんな僕が偉そうに言えることではないのですが、著名な先生方とお話ししていてその違いに気付かされました。
 
この業界の開業してから3年、5年後に閉院する数は年々増え続けています。
 
しっかりとした目標を定め、今を進んで頂きたい。

そして、僕ももう一度気を引き締めて今後のプランを練りに練っていきたい。

そんなことを考えている日曜の午後です。

治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


鍼灸の可能性


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。
先日、WFAS(世界鍼灸学会連合会学術大会 東京/つくば 2016)が開催されました。
 
日本の著名な先生方が多くの講演をされて、研究レポートを発表されました。
 
改めて鍼灸の奥深さ、そして可能性を感じさせる大会でした。
 

 

こんなに良いものが何故使われないのだろう?

 

一体何に問題があるのだろう?

 

ここのところそればかり考えています。

 

「あなたがどんなにいい商品を売っていても。
どんなにいいサービスを提供していても。
どんなにいい会社や店をやっていても。
それを伝えなかったら「存在しない」のと同義語です。」

 

これは、僕が今マーケティング・ブランディングの勉強をさせて頂いているフロリダ族、勝村大輔さんのお師匠である、エクスペリエンスマーケティングの藤村正宏さんのお言葉です。

 

うん。まさにそうなっているよね。

 

どれだけの人が鍼灸治療というものを理解しているでしょうか?

 

広報活動が果たしてどのくらい一般の方に伝わっているでしょうか?

 

鍼灸体験会やお灸の体験会。

 

全く知らない、まして如何わしいと思われている方々に開催したところでどの程度来場してくれるでしょうか。

 

もっと違うアプローチが必要だと感じています。

 

もし、上手くいけば来年中頃に、僕が抱いている一つのプランが完成すると思います。

 

僕は治療家ではありません。

 

でも治療家を応援することは出来ます。

 

新しいプロジェクトにご期待ください。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


温故知新vol.28の告知


こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です!

 

「温故知新」11月号が発刊されました!

 

今月号の特集は、「お遍路」。

 

「お遍路」と聞いて皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか?

 

昨今「御朱印」を集めるコレクターが多くなっている中、今一度お遍路についての知識を再確認してもらいたく、この特集を組ませて頂きました。

 

今年は60年に一度の御利益のある年。

 

四国巡礼の旅に隠された歴史や風習など復習して頂き、紅葉が美しくなった今、東京でも気軽に巡ることのできる巡礼地を今井健先生がレポートしてくれています。

皆さんも訪れてみては如何でしょうか?

 

 

イベントレポートは、先日行われたばかりの「WFAS 世界鍼灸学会連合会学術大会(東京/つくば)2016」をいち早くレポート!

 

ますます好評な連載記事は以下の通りです!

 

鍼灸大航海時代「アフリカの鍼灸事情」/伊藤 学


目からウロコの物理学的経絡治療「全ての物事には順序がある」/岡西 裕幸

 

医療接遇「対応力 〜後編〜」/上石 優子

 

鍼灸師のための経穴デザイン入門「世界一やさしい“三焦”の解説(前編)」/栗原 誠

 

北埔便り 台湾の長寿村から「市場」/村尾 則広

 

柔整師は現場経験が命「あなたが治療家である目的は何ですか?」/山田 敬一

 

スペシャル会談「水を飲むと体を凄驚する時が来る」/林 健司 × 河村宗典

 

元気になる楽食「芯からぽかぽか ぶりのカレー鍋」/名畑のぞみ

 

 

「温故知新」は全国の鍼灸・柔整学校や医学書取り扱い書店に設置して頂いております。

 

また、定期購読にお申込みいただけますと毎月お手元までお送りさせて頂いております。

 

ますます目が離せない「温故知新」。是非ご覧頂ければと存じます!


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

モノを作るという責任。


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

昨日明治神宮外苑でのイベントにおいて悲惨な事故が起きたことは皆さんご存知だと思います。

木製のジャングルジムで遊んでいた、まだ5歳になる幼稚園児が不幸にも亡くなりました。

木製のジャングルジムの中でカンナクズを使って遊べるように、とのアイデアでジャングルジム一面に配してあったものが白熱灯による熱でか出火し、あっという間にジャングルジムを炎で包み込んだようです。


白熱灯による出火なのかどうか検証中らしいのですが、そもそも木屑、ましてやカンナ屑はすぐに発火することは誰もが分かっています。

白熱灯が無かったにしても近くでもし誰かがタバコを吸っていたらその火種が飛んで来るかもしれません。

物を作るという事は、作った後の責任も負うこともシッカリと考えなければなリません。

薬害にしてもそうですよね。

作り上げるまで色々な臨床実験をしているとは思いますが、問題が出てから使用禁止までの期間が長過ぎる。

問題が出てからもお医者さんで普通に渡している事の方が多いですからね。

今回の事故を見て、物だけでなくコンテンツなどオリジナルな物を制作する側の責任感の無さが一番怖いと感じました。

当社オリジナル商品である「サイモンプレミアムテープ」。

商品開発にあたり絶対的な自信を持っています。

中国製などの品質が分からないものは一切使わず国内で作り上げました。

そのお陰もあってか、お買い求め頂いた方からは絶賛を頂いております。

より良いものを作り、その後お使い頂ける方々に対し責任を持った商品開発。

今後も気を引き締めて進めて行きたいと思っています。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


鍼灸の利用者をどうやって増やして行くか


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

ブログで何回か集客について書かせて頂きましたが、鍼灸業界に限っては利用者の底上げが前提としてあります。

全国民の2%くらいしか利用されていない状況では結局のところ独自化を図ってお客様をお迎えしたとしても一方で食べられない治療院が出て来るだけです。

鍼灸啓発活動は治療院規模では行われているのですが、大きい団体によるところはまだまだ少ないと感じています。

昨日、僕がお付き合いを深くさせて頂いている先生方とそんな話をしていました。


僕なんかがこんな仲間の中に居て良いんだろうかと思えるくらい凄い先生方です^ ^

それぞれが治療家向けセミナーを開催されていて患者さんも多く、いやらしい話、かなり繁盛されている先生方です。

ハッキリ言うとこの先生方に集客は必要無いです。

でもそれでも業界の発展を一番に考えている方達です。

治療家向けに技術を伝えること、そして一般の方にどうやって鍼灸の良さをわかって貰えるかを共に考え実行出来る頼もしい仲間達です^ ^

来年行動に移す予定です。

それには「東洋医学展」や「鍼灸体験」のようなものでは人は来ません。

子供や親が来て遊んで帰って貰えるようなアミューズメント要素が高いイベントを考えています。

夏休みが良いかな?

乞うご期待を!


 
治療家熱血サポーター 田村貴法
一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。
業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこち


痩せたい人必見!サーチュイン遺伝子を目覚めさせる!


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

皆さんはダイエットするには何を行っていますか?

 

僕はウッカリするとすぐにブクブクと贅肉がつきやすい体質なんで今までいろんなものを試してきました。

 

スポーツクラブで有酸素運動したり、ウォーキングやランニング、自転車で走り回ったり、杜仲茶やにがりを取り入れたり、耳つぼダイエットも試してみました。

 

結果行き着いたのが食事の見直しでした。

 

最近運動10、食事90とも言われていて、やはり痩せるためには食事を見直すことが一番のようです。

 

とはいえ、絶食ダイエットなんか絶対無理

 

カロリー計算してヘルシーなものだけ食べて暮らすのも絶対無理(笑)

 

脂っこいもの大好き人間ですからね。そんな精進料理なものだけで生きていくなんて考えられません。

 

そこでいろいろ調べてみたら一日一食というのがありました。

 

朝、昼は抜いて、夕食は気兼ねなく何でも食べていいというものです。

 

仕事で朝昼は時間がズレがちな生活なので、これなら出来るかな、と思い始めてみると、みるみる体重、体脂肪が減って行くじゃないですか。

 

夕食はガッツリ食べているのですが、1日に摂取するカロリー数はメチャクチャ減るんですよ。一食で腹一杯食べてもそうそう食べれる訳ではないですからね。

 

一日一回だから美味しいもの食べてますよ^^

 

 

僕の経験では1ヶ月に5キロ、2ヶ月で10キロ落ちます。

 

まあ、無理のないペースで慣れれば昼間の空腹感も無くなっていきます。

 

初めのうちは耐えられない時もあるので補助食として、ゆで卵を2個食べて空腹感を抑えます。

 

ゆで卵のカロリーは80。カロリーメイトを食べるよりのカロリーは少ないんです。

 

注意点は1点。夕食を食べる時は野菜から食べてください。

 

野菜は血糖値を抑える力がありますので、急激な血糖値上昇を抑えます。

 

痩せるとともに一日一食にはメリットが多くあります。

 

午後3時までは人間の身体というのは消化機能が低下している時間帯なので、その時間に食事をとると体内に毒素がたまります。

 

それが排出されずに体内に溜まってくるわけです。

 

一日一食だとその毒素は100%排出されるといいます。

 

これは絶食するのと同じですね。

 

また、身体を飢餓状態にすることによって、抗老化遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、体の細胞を若返らせているそうです。

 

芸能人でも結構やっている人も多いんですよ。

 

たけし、タモリ、京本政樹、GACKT、福山雅治などなど

 

下のリンクからやっている芸能人のコメントが見れますよ。

 

http://matome.naver.jp/odai/2141175096650027701

 

消化に使われるエネルギーが違うところに使えるので元気が無くなるどころか、身体が軽く感じています。

 

ダイエットお考えの方は一度お試しください。

 

もし何かわからない事があればご相談くださいね。

 

大丈夫です。ラ◯ザップみたいに何十万も取らないので(笑)


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

これからの治療院のあり方について考える


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

鍼灸院の利用者が全国民の2%ほどとなっている今、どうしたら自分の院の経営を上手く出来るのだろう?と考えている方は多いと思います。

 

柔道整復師業界でも、健康保険の審査が年々厳しくなり返戻や患者様への照会が増える一方で厳しいものとなってきています。

 

グループ治療院も今後厳しい時代になってくるでしょう。

 

では、一体どうしたら良いのでしょうか。

 

僕が今お付き合いさせて頂いている治療院・施術院をみると、安定してお客様が入っているのは独自性のある治療院です。

 

もちろん技術が一番大切ですが、今後この厳しい状況が続く限り、その差はどんどん大きくなっていくでしょう。

 

流行りの妊活、美容鍼でも良いのですが、それはもう他の治療院でもやっていることで独自性があるとは言えなくなりました。

 

独自性と聞いて技術面にばかり目が行きがちですが、何かに特化した治療院形態を作り上げることで、新しいチャンスが生まれることもあります。

 

例えばスポーツ専門や、ダンサー専門、経営者専門治療院だったりと、自分が好きなもの、自分の趣味・嗜好を仕事に生かすことがこれからの経営には重要だと考えます。

 

一見関係のないもの。例えば趣味が「読書」だったとします。読書と治療。あなたならどう組み合わせますか?

 

 

僕だったら好きな本を集めて治療院の一角をライブラリーに変えちゃいます。

 

来店されたお客様に無料で使ってもらえるようにソファーを置いて、サービスでコーヒーや紅茶などが飲める、リクライニングスペースにします。

待合室をそのように改造しちゃっても良いですよね。


一見そんなことしても患者さんは来ないのでは?と思われがちですが、治療以外でのコミニュケーションスペースを作ることが、リピーターの獲得、口コミに作用します。

 

「あそこの治療院は変わってる」

 

そう思ってもらえることがチラシを何千、何万部配ることよりも重要なファクターだと思います。

 

これはあくまで一例です。独自化を図るには様々な方法があります。技術の獲得も勿論大事なことだと思いますが、治療院・施術院を営んでいる先生方はみなさん経営者なのです。

 

経営の勉強というと引かれる先生方も多いと思いますが、これからを乗り切るためにそこは外して考えてはいけないところだと感じます。

 

一度ご再考して頂けたらと思います。

 

セラピスト・リーダーズ・カレッジでは各専門家を集めた治療家総合コンサル事業も行っております。もし、独自性の作り方がわからない先生がいらっしゃれば、一度ご相談頂ければと存じます。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

 治療家総合コンサルティングの詳細はこちら

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

サイモンプレミアムテープ誕生秘話

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

今回は発売当初から大反響の「サイモンプレミアムテープ」の誕生に隠されたお話をさせて頂きたいと思います。

 

総監修の山田敬一先生とは「温故知新」創刊以来もう2年以上のお付き合いとなりますが、20年以上テーピングを実践してきている方で、その技術はトップレベル。しかも、教え方もとても上手い先生です。

 

テーピング講師を長年務め、DVDや書籍を発行し、シュートボクシングでのトレーナー活動や、トレーニングジムでメディカルアドバイザーとして、トレーナースタッフに向けて講習を行ったりもしています。

 

治療経験から培われてきたものだと思いますが、人の話をジックリと聞いて、それに対し的確なアドバイスが出来、一部の人達からゴッドハンドとかカリスマとか言われてます。

 

でも、そんな呼ばれ方が大嫌いで、意外とジャイな部分も持ち合わせています。

 

ニックネームは「サイモン」。勉強会でのコードネームなのですが、世話好きで熱くなるため、時々仲間から「ウザイモン」と呼ばれることも…(笑)

 

 

そんな彼、山田敬一先生(以下サイモン)と新しいロールのテープの開発を行っている最中の一言。

 

「ロールテープってテーピング習った人しかなかなか巻くこと出来ないよね〜。もっと簡単に素人でも貼れるようなもの出来ないかなぁ。」

 

すべてはここから始まりました。

 

まずは何に特化したテープを作るか考えた時に、この時サイモンの奥さんが冷えや浮腫みに悩んでいたそうです。

 

「僕は身近にいる人達が元気になってもらえるようなテープが作りたい。」

 

目に見えない人達に只、「女性向けに作った方が売れる」とか「あのテープが売れているから真似して出そう」とかいうのではなく、「身近にいる人達の幸せのため」。ましてや自分が大病したとき支えてくれた奥さんの為に作りたい。

 

その心が、この「サイモンプレミアムテープ」には詰まっています。

 

その想いがあったからこそ、大きな話題を生んだのだと感じています。

 

 

テープを貼ったあとすぐに温かさが広がってくるのは、配合されているシリカブラックの効果だけじゃなく、奥さんを思いやるサイモンの暖かさもあってのことかも知れません。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

初めてのお遍路。初めての御朱印。


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

「はじめて」シリーズが続きますが、先日、今井健先生企画の「東京お遍路巡り」に参加させて頂きました。

 

お遍路と聞くと四国巡礼とか、メッチャ大変なイメージがありますが、今回の巡礼は東京の高幡不動尊金剛寺の中を巡るもので正味1時間半ほどで回れるものでした。

 

3年前の全日本鍼灸学会四国大会でいろいろお聞きしていたので、うすうす興味はあったんですよね。

 

今年は60年に一度の当たり年だそうで、ご利益がいっぱい貰えるとのこと!

 

これは是非とも参加しなくては!と、半ば邪念だらけ。

 

いけない、いけない。

 

逆打ちのほうがご利益が3倍もあるとのことで、88番札所から1番までの逆に回ってきました。

 

 

天気も良く気持ちいいなぁ〜と思っていたのですが山道に入ってから…

 

…暑い。

 

ペットボトル1リッター買ってきて良かった〜^^

 

日差しが暑いのではなく、間違いなく僕自身の運動不足の為だよね。

 

だってほら、みんな涼しげに歩いているもの。

 

あ、でも今井先生も結構汗かいてる

大丈夫大丈夫、僕だけじゃなかった。

 

とか何とか考ると少しは気が軽くなり、周りを眺める余裕も出始めました。

 

(主に下に入ってきてから 笑)

 

 

 

周りには紅葉が多くまだ時期には早かったのですが、きっと色づくと綺麗なんだろうなぁ。

 

紫陽花の時期も良いらしい。

 

そしてこれまた人生初となる御朱印も頂戴してきました。

 

コレクターがいるのもわかる気がしてきます。

 

何よりカッコイイ。

 

ご利益ありそう!

 

東京には幾つかの巡礼場所があるそうで、なかなか行く機会が無いと思いますので今度「温故知新」で特集を組もうと考えています。

 

今回の詳しい話もその時に!

 

今井先生、そして一緒に参加した先生方、ありがとうございました!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


僕が能見台に住んでいる訳


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。
ライフスタイルによって住む場所って選びますよね。
仕事であったり遊びであったり、どちらを重視するかで選択はマチマチだと思います。
僕が結婚して移住した場所が能見台という場所でした。
いろんな物件をあたり、当時勤めていた会社まで1本で行けて、駅から近いという条件と予算的にちょうどマッチしたのがここでした。
でも関東でも「能見台」?ドコダソレ!
 
と言われます。
軽くショックです!
京浜急行沿いの高校野球で有名な横浜高校のある駅です。
 
わかりやすいところでは金沢八景シーパラダイスの近くですね。

うちのベランダから見た能見台の街並みです。遠くに八景島シーパラダイスが見えますね。夏になると毎日が花火大会です^ ^

結婚する前は千葉の松戸に居たのですが車の免許取り立ての頃、よく九十九里の海までドライブしたものです。
 
取り立てなので勿論上手くも無く
 
よく車をボコボコにして
 
帰って来て親父に怒られたものでした(笑)
 
休日になるとフラッと一人で海に向かい何をする訳でもなく海に居ました。
く、暗い?
 
でも僕的にはスタバに行くような感覚(当時無いけど)。
 
そのシュチュエーションを楽しんでいたのでしょうね。
 
ですから能見台に住んだのもそんな海好きがあっての事だったと思います。
 
元々は北海道の港町、釧路で育ったというのもあると思いますけれど。
 
能見台からは車で10分掛からずに八景の海に、葉山、湘南にも20分程度で行くことが出来ます。
 
品川にも1本で出ることも出来ます。
 
ここに住み始めてもう23年が経ちました。
釣りを教えてもらい今でも良く出かけます。
サッカーが好きでジュニアサッカーのコーチにもなりました。
 
たまに都内に住んでいたら楽なんだろうなぁって感じることがありますが、多分すぐにまたここに戻ってくる事になると思います。
ここが僕の今の理想のライフスタイルにあった場所なんだなぁとつくづく感じています。

治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら

 


はじめての展示ブース


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

先週岐阜においてイトウメディカルさんによる大感謝が開催されました。

今回セラピスト・リーダーズ・カレッジもブースを出し、温故知新のバックナンバーやサイモンプレミアムテープ、みなもと(水素水)の展示販売をさせて頂きました。

ブースを出す事自体初めてのことだったので、


もういっぱいいっぱいで冷や汗かきまくり f^_^;

 

上の写真はまだまだ準備中で余裕があったのですが…

・・・・・

・・・・

・・・

・・

これ以上の写真なし!(笑)

撮ってる余裕なし!

 

やっと落ち着いたのは親睦会になってからでした。。。

 

 

でもああいった場所でお客様の声をダイレクトでお聞きする機会はなかなか無いので、本当に良い勉強になりました。

通販で仕事をしているとなかなかお客様の生の声が聞こえ難いところがあります。

商品やサービスについて何を求められているのかが良くわかりました。

そして何より楽しかった!

他社メーカーの皆さんともお話し出来て親睦も深まり、参加させて頂いて本当に良かったと感じています。

イトウメディカルの伊藤勝則社長。参加させて頂いて本当にありがとうございました!

今後もこういった場に積極的に参加して行きたいと思っています。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら

 


0 コメント

思いを受け取ってもらっていると実感できることが何よりも嬉しい


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

季節の変わり目です。皆さん体調管理上手くいっていますか?

治療家・施術家ので元気がないと通院されている患者様に元気をお届けすることが出来なくなります。

患者様よりもまずは自分自身のお身体を見直しましょうね。

先週は岐阜から始まって多くの人とお会いしました。

初めてお会いした人も、久しぶりにお会い出来た人も本当に数え切れないほどの人数。

一番嬉しかったのは、久しぶりなのにその人達の事をとても身近に感じられたことですね。

SNSって凄いなぁって改めて感じました。


そして取材に入った先でも「今日は温故知新の田村さんが取材に見えてます」って紹介された時、今まで誰なんだろうこの人って見られてた視線が、「ああ、あの冊子を出してる人なんだ」って変化した事も凄く嬉しかった。

「温故知新」の名前は一人歩きしていて、僕の知らないところでクチコミやSNSで拡散されています。

それが何より嬉しい。

だって僕が作っている冊子を見て、僕が届けたい想いを受け取ってくれているという事だから。

こういう時に本当出し続けてきて良かったなと感じます。

これからもどんどん広めて貰えるように本誌の質をもっともっと上げて行こうと思います。

掲載内容に何かご希望やご不満があればどしどし言って下さいね。

皆さんで作る情報誌で在りたいと思っています。

 

さて、今月の「温故知新」では「食」から見る「未病」を特集しました。

東洋医学で肝心な未病は食養生から始まると言っても過言ではありません。

意外と無視されがちの食ですが、今一度振り返って頂きたくこの特集を組ませてもらいました。

参考にして頂けると幸いです。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

温故知新vol.27の告知


こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です!

 

「温故知新」10月号が発刊されました!

 

特集は、「食」から考える「未病」

 

超高齢化社会となった我が国において、社会保障制度を堅持するため、病気の予防や未病への取り組みがこれまで以上に重要なものとなっています。
近年各都道府県下でも健康寿命の延伸の取り組みが行われきつつあるのですが、一番大切な「食育」という点ではまだまだな感が拭えません。
治療、施術の一環として、患者様に食のアドバイスを行えることも治療家として重要なことだと感じています。

今回は連載記事でもお馴染みの、食のアドバイザー名畑のぞみさんに、食に纏わるお話をお聞きしました。

イベントレポートは、

OCS主催「腰痛の新しい概念と鍼灸療法セミナー」
イトウメディカル主催「松野祥生先生・岡西裕幸先生コラボセミナー」

 

pickup記事は

サイモンプレミアムテープ・驚きの実態!?

 

ますます好評な連載記事は以下の通りです!

 

鍼灸大航海時代「世界の鍼灸事情を知る上でのSNS活用術」/伊藤 学
目からウロコの物理学的経絡治療「動きの中で経絡の“伸び縮”をイメージする」/岡西 裕幸
医療接遇「対応力 〜前編〜」/上石 優子
鍼灸師のための経穴デザイン入門「即効性のある治療をするためのヒント」/栗原 誠
北埔便り 台湾の長寿村から「番外編 羅東出張」/村尾 則広
柔整師は現場経験が命「患者さんに“何を”提供していますか?」/山田 敬一
スペシャル会談「“モノ”に抗酸化力を求めるよりも“水”が一番」/林 健司 × 河村宗典

 

「温故知新」は全国の鍼灸・柔整学校や医学書取り扱い書店に設置して頂いております。

 

また、定期購読にお申込みいただけますと毎月お手元までお送りさせて頂いております。

 

ますます目が離せない「温故知新」。是非ご覧頂ければと存じます!


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

何故SNSで発信しないといけないのか?


最近よく治療院の相談に乗ってくれる?ってお言葉を頂けます。


「開業したいんだけどどう思う?」


「チラシ撒きたいんだけどどうしたら良いかな?」


「この手法を広めたいんだけどどうしたら良いかな?」


「書籍出したいんだけどどうしたら出せるのかな?」


などなど、ここ半年の間というもの結構相談にのらせて頂きました。


勿論僕はまだまだ勉強中の身であるので、勉強したこと、経験させて頂いたケースモデルを参考に出来る範囲でお話しさせて頂きました。


「なんで急にこんな依頼が来るようになったのだろう?」


相談されてきた先生方にその理由を伺ったところ

「だって田村さん、いろいろ勉強されていますよね」

とのことでした。


自分のために勉強してきたことが他人のために役立てるようになってきたのかなって感じています。


それは何で感じて頂けたのか。


SNSの発信しか考えられません。というか、思いつきません。


僕の中ではまだまだ発信力も低く、これからもっと突き詰めて発信の内容や量、その形態も変えていかなきゃと思っています。


僕がいま教わっているところはご存知の方も多いかと思いますが「フロリダ族」。


ここでブランディングやSNSの発信の仕方を一から教えて貰っています。


フロリダ族を知らない人はこちらのリンクを参照してください。現在「お試しフロリダ族」も募集しています!


http://www.marketinglabo.jp/archives/4386

 

先日4ヶ月に渡り参加させて頂いた「SNS★フロリダ族」が終わりました。


いろいろな業種の人が集まり課題に取り組みました。


それぞれの置かれている環境は全く違うのに同じ場所に集まりその人のブランディングを考え発信に落とし込んでいく過程で、自分が普段気付かなかったことを改めて理解することが出来る場でした。


勉強になって、そして本当に楽しい場を頂けたと感じています。


そして何よりこの仲間たちとの出会いが嬉しかった!


みんなありがとう!これからも宜しくです^ ^

発信することの重要性を改めて再認識させて頂きました。


もし僕が少ないながらも発信してこなければ、間違いなく先に書いたような相談は来なかったと思います。


それは患者様にも同じように言えることで、自分という人間をわかってもらう一番のツールだと思っています。


初めて会った人にも「温故知新の田村さんですよね」って言ってもらえること。


初診の患者様にも「◯◯先生いつもフェイスブック見させていただいてます」って言ってもらえることって本当に嬉しいですよね。

 

2年前の今日、僕がフロリダ族に入るキッカケとなった、さいたまスーパーアリーナでのフロリダ族長、勝村大輔さんのセミナーに参加した時、僕のフェイスブックのイイネは4件5件ほどでした。


それはそうです、「ここのラーメン食べました」や「旅行に来ています」など自分勝手な投稿だけだったから。

 

投稿を多くすることよりも、その投稿の質を上げること。


そして、質の上がった投稿を如何に増やしていけるかが大切だと教わりました。

 

先にも書きましたが僕もまだまだ勉強中です。

 

こんな僕がアドバイスなどおこがましいですが、習ったことを少しでも周りの方に落とし込んでその人が幸せになってくれればいいなぁと感じています。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

その商品が良いか悪いかは売り手が決めることではない ①


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

暫くブログをあげていなかったのは、発売開始した山田敬一先生企画・監修による「サイモンプレミアムテープ」。

 

初回ロットがあっという間の完売し、お客様をお待たせする事態までなってしまったこの「サイモンプレミアムテープ」。効きますよ!どうですか?って。

 

今僕が書いてしまうと売り込みに聞こえてしまうでしょ?

 

ただ、本当に良い物が出来たから皆さんにお伝えしたい。

 

なので、今回のブログは自分の声ではなく、お買い求め頂いたお客様の声を掲載させていただきます。

 

何故かって、それが一番正しい評価になるから。

 

使って頂いた方が、「この商品は良い」と言っていただけたら、その商品には価値が出ます。一方、いくら良い物を市場に出しても使われたお客様から評価を受けなければ、その商品の価値は全くありません。

 

今回本当にたくさんのお客様に喜びの声を頂戴しています。

 

ありがたいことです。

 

今回から何回かに分けて、掲載許可を頂いた方の投稿を幾つかご紹介させていただきます!

 


ブログ みうみうの苔のむすまで「驚き!サイモンプレミアムテープ」

http://ameblo.jp/miumiu-ameblo55/entry-12203256349.html

大阪守口市 H・Mさん

 

足の浮腫が大きく改善されています!

あまりの効果にこちらもびっくりです!!

ご報告頂き、またシェアの許可を下さりありがとうございます!


今後、私情を挟まず症例報告のような形でお送りしようと思います。

 

それでは次回をお楽しみに!


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


TLC総販売元

サイモンプレミアムテープ
発売開始後大反響のこのテープ!

女性のお悩み「冷え」を解消!

シリカブラック20%配合で、肩・腰・むくみなどに効果的!

50シート入り 定価 1,970円で

「温故知新オンラインショップ」にて発売中!

現在送料無料キャンペーン実施中!


0 コメント

温故知新vol.26の告知


こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です!

 

「温故知新」9月号が発刊されました!

 

特集は「メディカルアロマテラピー」


いま、東洋医療や西洋医学の現場に「メディカルアロマテラピー」の導入が増えてき ています。

アロマテラピストがその人の症状に合わせて自然治癒力を引き出す精油を 提案し、さまざまな診療科目で活用されています。

しかし、アロマについてどのくらいの知識をお持ちだろうか? 薬にも毒にもなり得るこのアロマ。

今回はその歴史と現状をアロマテラピストの建石紀美枝先生にお聞きしました。

きっと貴方のアロマに対する考えが変わるはずです。

イベントレポートは、OCS主催「頸上肢疾患のASTR手技療法セミナー」。

 

ますます好評な連載記事は以下の通りです!


鍼灸大航海時代「アメリカ鍼灸大学ランキング編」/伊藤 学
目からウロコの物理学的経絡治療「書籍の記述を立体的にイメージしながら患者様を診る」/岡西 裕幸
医療接遇「身だしなみ」/上石 優子
鍼灸師のための経穴デザイン入門「なぜ鍼灸師は局所のツボを使いたがるのか」/栗原 誠
東洋医学の道「古きを今に活かす」/西野 雅也
北埔便り 台湾の長寿村から「お茶三昧」/村尾 則広
柔整師は現場経験が命「その治療活動、勉強は誰のためにしているのですか?」/山田 敬一
元気になる楽食「季節の野菜と鮭の甘辛煮」/名畑 のぞみ
スペシャル会談「医者が一番わかっとらん!」/林 健司 × 河村宗典


「温故知新」は全国の鍼灸・柔整学校や医学書取り扱い書店に設置して頂いております。


また、定期購読にお申込みいただけますと毎月お手元までお送りさせて頂いております。


是非ご覧頂ければと存じます!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


TLC総販売元

サイモンプレミアムテープ
発売開始後大反響のこのテープ!

女性のお悩み「冷え」を解消!

シリカブラック20%配合で、肩・腰・むくみなどに効果的!

50シート入り 定価 1,970円で

「温故知新オンラインショップ」にて発売中!

現在送料無料キャンペーン実施中!


まずは身近な人を思うことが一番大切 ~東京ディズニーランド~


こんにちは治療家熱血サポーターの田村です。


東京ディズニーランドのハロウィンが9/9より始まりました。

うちの家族も多分に漏れずディズニーランド好きです。

毎年同じイベントだし、殆ど変わらないアトラクションなのに人を惹きつけてやまないテーマパーク。

ディズニーランド=オリエンタルランドというイメージがありますが、1983年開園のディズニーランドに対し、その運営母体のオリエンタルランドは創業1960年と随分古くからあった会社なのはご存知でしょうか?

 


浦安の埋立地に対する商住地域と一大レジャーランドの開発が目的で作られたこの会社ですが、実は初めはオリジナルのレジャー施設を作る予定だったんです。

開発の一環で行われた現地調査に米国ディズニーランド、ディズニーワールドがあり、自分たちの構想を実現するにはディズニーランドの誘致しかないとしてディズニー社へ持ち込んだそうです。

初めに自社によるプロジェクトがあったにも関わらずです。

そのプロジェクトにもいろいろな夢が詰まっていたと思います。

しかし敢えてそこを投げ打って誘致を進めることはとても勇気のいる事だったと思います。

でもよく考えてみると、オリジナル施設でここまでの集客、誘致が可能だったでしょうか。

これは目線が自社ではなく来て頂けるお客様に向いていたから出来た決断ですよね。

お客様の目線で考える。

施設の開発だけでなく、商品の開発も同じ事だと思います。

今回、山田敬一先生が1年かけてじっくりと開発した「サイモンプレミアムテープ」も、そういう考えのもと作られました。

テーピング歴20年の先生が、丸いパッチテープを作る。
これってテーピングマスターの先生としては今までの施術を半ば覆す事。

でもテーピングって普通の人が簡単に貼れるものじゃないですよね。

お客様、患者様が一番使い易い形を追求し、この形に行き着いたのです。

そして何より効果がしっかりと出るよう、様々な試験を繰り返し、やっと商品の発売に至ることができました。

まず開発にあたり山田先生はご自分の患者様、そしてご自分の奥様に使ってもらうことを第一に考えました。

まずは身近な人を幸せにしたい。

その思いは下のブログを読んで頂ければお分かりになると思います。

商売を考えるのではなく、まず初めに使ってくれる人をシッカリと考える。

喜びを感じてもらい、それに対し喜びを頂く。

そこを見誤らないことが、何よりも大切なことだなと思える今日この頃です。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


TLC総販売元
サイモンプレミアムテープ
いよいよ発売開始です!

女性のお悩み「冷え」を解消!

シリカブラック20%配合で、肩・腰・むくみなどに効果的!

50シート入り 定価 1,970円で

「温故知新オンラインショップ」にて発売中!

現在送料無料キャンペーン実施中!


錦織圭選手に見る自信とメンタル力 〜全米オープンテニス〜


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

全米オープンテニス真っ只中ですね。

 

錦織圭選手はオリンピックで敗戦したアンディー・マリー選手を破り、見事にベスト4進出を決めました!

 

いつもスロースターターな彼ですが、今回ばかりはキツイかなと思って観戦していました。

 

時速210キロを超える相手のサーブに対応出来ず、第一セットをたった35分で1−6で落とし、敗戦ムードが高まっていました。

 

第二ゲームに入り雨での中断。

 

この中断のなか、監督、コーチと修正すべき点を話し合ったそうです。

 

第二セットではドロップショットを多用し、相手のリズムを崩し6−4で奪い返しました。

 

そして第三セット。ブレイク、ブレイクバックを繰り返すも強力なサーブとストロークのあるマリーに4−6で奪われてしまう。

 

もうあとがない。

 

相手は過去の対戦成績でも27戦して1勝しかあげたことのない選手です。

 

連戦の疲れも出ています。

 

しかし、心が折れそうになる状況下でも彼は冷静でした。

 

相手のサーブミスが出始め、ラリー中にマイクのハウリングが起きるなどのトラブルの中、マリーは集中力を欠いて苛立ってきます。

 

そこを得意のドロップショットで揺さぶり、相手選手の集中力をどんどん削いで行きました。

 

ドロップショット。

 

これは、もろ刃の剣で緩すぎるとネットに掛かり、強すぎると相手へのチャンスボールになってしまいます。

 

この状況下でこれが使えるのはショットへの自信と何よりメンタルの強さなのではないかと思います。

 

第四セットは6−1、第五セットは7−5と約4時間にわたる死闘を制し、逆転勝利となりました。

 

 

僕も高校時代、硬式テニスをやっていました。

 

背が高いからバスケットかバレーと思われがちですが。。

 

大会で何度も心が折れて終わったことがあります。

 

顧問の先生にはよく「おまえテニスなめてんのか、そんなんだったら辞めちまえ!」って怒られていました。

 

そんな昔のことを思い出しながら錦織選手の記者会見を見ていました。

 

あの時から少しは成長出来ているのかな?

 

メンタルの強さってスポーツだけに限ったものではなく、ビジネスにおいてもそうだと思うんです。

 

何かを決定したり、会社の方針を決めたりする時、少なからずリスクは発生しますよね。

 

そのリスクに対し、自分への自信と強いメンタル力が無いと前に進むことは出来ません。

 

でもその自信とメンタル力ってセミナーやスクールで養うことではないですよね。

 

自らが自らの経験を通し培っていくものだと思います。

 

錦織選手もそうですが、オリンピックやパラリンピック。優勝目前の広島カープ。選手たちには沢山の勇気、元気をもらいます。

 

それは彼らが持っている強い自信とメンタリティに心打たれるからだと思います。

 

もらう方から、あげられる方へ。

 

何時か自分もそうなりたいと思います。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


TLC総販売元

サイモンプレミアムテープ

いよいよ発売開始です!

女性のお悩み「冷え」を解消!

シリカブラック20%配合で、肩・腰・むくみなどに効果的!

50シート入り 定価 1,970円で

「温故知新オンラインショップ」にて発売中!


0 コメント

一度きりのお客さんが熱狂的サポーターに変わる! 〜フロリダ族〜


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

昨日はサッカー日本代表の試合があって一日落ち着かない日でした。

見事にやってくれましたね^ ^

2-0でアウェイでタイ代表を撃破です!

この調子で勝ち進んで頂きたいです。頑張れニッポン!

昨日も多くのサポーターが現地やTVで応援していました。

 

実は僕が今SNSやブランディングの勉強に通わさせて頂いている「フロリダ族」では、あなたのことが大好きで、熱狂的に応援してくれる「生涯のお客様=サポーター」をどうやったら増やすことが出来るかを勉強させて頂いています。

サポーターって利害関係抜きに手放しに応援してくれる人ですよね。

お客様商売をしている方は間違いなくこういったお客様がいらっしゃると思います。

勉強会の講師(フロリダ族長)の勝村大輔氏はSNSやリアルな交流を通じ、お客様との関係性の構築を教えてくれています。

毎回とても腑に落ちることばかりで、しかもその勉強会が面白い。

勉強している仲間同士が本音を吐き出すことでその人を応援したくなるそんなコミュニティにもなっています。

「カッコつけなくていいんだよ」

いつも勝村さんは言ってくれます。

SNSでもリアルでも、本当の自分を出して自分を好きになってもらう。そして他人に関心を持ち、好きな人を手放しに応援してあげる。

単純なことではあるけれど仕事として捉えた時、どうしても一つ壁を作ってしまうことが多いのでは無いでしょうか?

有り合わせで作った姿勢はお客様(患者様)にも見透かされてしまいます。

そんな人を手放しで応援なんて出来ないですよね。

僕もまだまだ勉強中です。

応援してもらえるような人間になれるように今後も精進します。

そして、大好きな治療家さんを全力で応援していきます!

サポーター論。

ご興味のある方はアマゾンで購入出来ますので一度読んでみてください。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

 

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


TLC総販売元

サイモンプレミアムテープ

いよいよ発売開始です!

女性のお悩み「冷え」を解消!

シリカブラック20%配合で、肩・腰・むくみなどに効果的!

50シート入り 定価1,970円で

「温故知新オンラインショップ」にて発売中!


0 コメント

文字や映像だけでは、実は半分も理解出来ていないのかも。〜OCS主催「頸上肢疾患のASTR 手技療法セミナー」〜


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

先日OCS(大谷クリニカルゼミ)主催による「頸上肢疾患のASTR 手技療法セミナー」を取材させて頂きました。

 

今日はそのお話を。

 

講師の沓脱正計先生は、あん摩マッサージ指圧師 認定心理士 健康心理士 ケアマネージャー。

くつぬぎ手技治療院院長で、ASTR(Active Soft Tissus Release)を 松本不二生先生(高野台松本クリニック)と共同で開発された先生です。

 

医道の日本社から書籍やDVDが出ているのでご存知の方も多いと思いますが、ASTR(Active Soft Tissus Release:アスター)とは、特定の軟部組織を局所的に圧迫伸長を加えて固定しつつ、隣接した関節の運動を行うことで、より効果的なストレッチをする手技療法です。

 

痛みの臨床に役立つ手技療法 ASTR (医道の日本社)

【DVD】痛みの臨床に役立つ手技療法 ASTR(医道の日本社)

 

今回のセミナーは、頸肩部へのアプローチを通して、ASTRの基本技術を習得するものでした。

 

 

会場となったのは日本総合医療専門学校(旧朋友柔道整復専門学校)。

 

セミナールームには収まらないほどの参加者の中、セミナーははじまりました。

 

本やDVDでは得ることの出来ない本物の施術を参加者全員が感じとることが出来ました。

 

僕も最後、先生に施術して頂いたのですが、見ているのとやってもらうのでは理解度が全然違うことがわかり、セミナーによる体験がどれほど大切かを改めて感じました。

 

取材内容については今月15日発行予定の「温故知新」にてレポートさせていただきますが、機会があれば是非一度、沓脱先生のセミナーに足を運んでみて下さい。

 

明日からの臨床に間違いなくプラスになる再現性の高いセミナーです!

 

 

OCS主催によるセミナーは次回10月2日(日)。

 

場所は今回と同じ日本総合医療専門学校(旧朋友柔道整復専門学校)。

 

「腰痛の新しい概念と鍼灸療法セミナー」として講師は、山口智先生!

 

満員御礼になること間違いなしですね。

 

お申し込みはイベントページまで。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

キャンプって暑くて虫が多いってイメージ持っていませんか?実は…。


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

今年はまだ一度もキャンプに行って無いなぁ、とふと考えていました。

実はアウトドアも僕の趣味の一つです。

今回はそんな趣味のことを少し書かせて頂こうかと思います。


僕は形から入る方なので道具だけは豊富にあります。

テント2種類、タープ3種類、折り畳みテーブル4種類、バーベキューコンロ4種類、調理用バナー3種類、ランタン5種類、その他諸々…

はっきり言って車に乗り切れません(笑)

まぁ、その時々のシュチュエーションに合わせてチョイスするのですが、毎年新商品が出る度にカタログ片手に興奮しまくっています。

 

下の写真は2年前のもの。

 

キャンプグッズはここからまた大幅に増えています。

 

(震災があってもきっと困らないね)


 

夏のキャンプってどういうイメージですかね?

余りやった事の無い人にとっては「暑い」し「虫が多い」しみたいなイメージでしょうか?

僕も始めるまでそんなネガティヴなイメージしかありませんでした。

でも実際やってみると高地でのキャンプは朝晩涼しいし、標高が高いため虫も殆ど気になりません。(蚊なんて殆どいません)

なので、高原や山での夏キャンプは快適そのものです。

また、低地でのキャンプは秋口に最適です。(夏は暑さで寝られません)

車は横付け出来るし(オートキャンプ場)最近では共同水洗い場ではなく、自分の区画内で水道水が使えるところも増えて来ました。

コンセント(電源)付きのところもあったりします。

お風呂も完備されていたり、レンタルも充実していたりと昔のキャンプのイメージとはかけ離れたものになっています。

トイレも綺麗だしね。

そして何より満天の星空を眺めながら、家族と語らえる時間。

日の出前、薄っすらと明るくなってきて、ちょっと肌寒い時間に入れて飲むコーヒーの美味しさ。

時期に合わせたロケーションをチョイスさえすれば日常にはない素晴らしい時間を送ることが出来ます。

行ってみたいな〜って思われた方はオススメのキャンプ場をご紹介しますので是非トライしてみて下さいね!


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

熱い思いは治療家だけではない 〜カリスタ株式会社訪問〜


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

昨日東京都恵比寿に本社を構える、カリスタ株式会社の前田真也社長とお会いしてきました。

 

カリスタ株式会社は現在3店舗の鍼灸サロンを運営されており、ウェブメディア事業にも注力されている今急上昇の企業です。

 

ここが運営されている「しんきゅうコンパス」という治療院の口コミサイトは鍼灸院に特化した口コミサイトとなっており、今日現在で1764件の登録がされています。

 

一般のお客様が鍼灸院を探すのにとても便利なサイトとなっていて、2012年6月からスタートされ、昨年1月に全面的にリニューアルされてとても使い勝手の良いものになっています。

 

無料から治療院を登録する事が出来ますのでご興味のある方は下記サイトを御覧下さい。

 

しんきゅうコンパス

https://www.shinq-compass.jp/

 

 

さて、前田真也社長。

 

とても物腰の低い方で、しかも熱い。鍼灸業界をどうやったら盛り上げていく事が出来るか真剣に考えている方でした。

 

実はお話する前は元々大手広告代理業(某、サイバーエージェント)から来られた方でしたので、業界の繁栄よりもビジネスを優先させる方なのかなぁと、たかを括っていたところがありました(前田社長ごめんなさい)。

 

その予想は見事に裏切られ、ミーティングの間は業界への熱き思いをずっと語られていました。

 

媒体、やり方は違えども、僕が考えている業界の発展と同じ思考を感じ、共感させていただきました。

 

前田社長は治療家ではありません。

もちろん僕もそうです。

 

でも治療家ではない事で治療家が出来ない、手が回せないところを少しでもお手伝いできればと改めて感じた昨日のミーティングでした。

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


治療にはストーリーが必要 〜シネマチックコンサルティング〜


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

僕は自己紹介文でもよく書いているのですが、年間300本以上の映画を観ています。

そんななか映画の予告編でメチャクチャ面白そうなのに実際に観てみたら「あれっ?」て事も多いです。

配給会社だって興行成績上げたいから盛り上がるような予告を作るのは仕方がないところですが、そういうのが続くと「またどうせ面白くないんでしょ」ってなるのは当たり前の事です。

これって治療院においても同じ事が言えるのでは無いでしょうか。

 


「美容鍼で美しくなれる」とか、「妊娠し易くなる」「腰痛がみるみる改善」など治療家といえども商売ですので、うたいたくなるのは分かります。
(広告規制の件は一旦置いておきます)

でもどうでしょう。

そのコンテンツはシッカリとしたものですか?

お客様に予告編以上のストーリー、結果を提供出来ていますか?

美容鍼が流行れば美容鍼に、妊活が流行れば妊活にと余りにも軽率な行動が目立つことに危機感を抱きます。

お客様の目は冷静です。

体験した作品が良かったと感じたなら次回作も見に行きます。

人気のある映画ならパート2、3、4とある程度の興行成績を稼ぐことも出来ます。
(それでもパート1を凌ぐことはなかなか難しいのですが)

先ずはシッカリとしたコンテンツを作る事。

セミナー数回出ただけで出来るようになったと感違いせず、お客様に満足して頂けるストーリーを考えましょう。

お客様にどういった技術を提供して、お客様が考えるビジョンの上を行くにはどうしたら良いか。

それが出来た時、きっとお客様との素晴らしい関係性が出来ているはずです。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

「温故知新」vol.25 内容の告知


こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です!

 

 

「温故知新」8月号が発刊されました!

 

特集は一般社団法人日本美容矯正セラピスト協会による『美容矯正』とは?

 

今年2月、美容矯正のカリスマ、勝山浩尉智先生を顧問に迎え、美容鍼灸のパイオニア、堀口三恵子先生が立ち上げた一般社団法人日本美容矯正セラピスト協会。
勝山浩尉智先生の代名詞である「シンメトリー整顔」に加え【ディプレオパシー®】という進化した医学的根拠に基づき美容効果を発揮させる安全で効果のある「美容矯正」。
その普及活動のために設立されたこの協会のコンセプトや活動について堀口三恵子先生、高畠樹理先生のお二人ににお話をお伺いさせていただきました。
セラピストとしてお客様に納得して喜んでいただけるには何が大切であるのか。
是非この特集から読み取って頂きたいと思います。

 

 

イベントレポートは、もものは会主催「手作り紫雲膏と初学者向けてい鍼講座」。

 

 

ますます好評な連載記事は以下の通りです!

 

 

鍼灸大航海時代「世界の鍼灸事情:オランダ編」/伊藤 学
目からウロコの物理学的経絡治療「体内を立体的にイメージする」/岡西 裕幸
医療接遇「表情」/上石 優子
鍼灸師のための経穴デザイン入門「指圧でも鍼と同じ効果を引き出せるのか?」/栗原 誠
東洋医学の道「こんなことにも意識を向けて」/西野 雅也
北埔便り 台湾の長寿村から「果物天国!」/村尾 則広
柔整師は現場経験が命「柔道整復師の将来について」/山田 敬一
元気になる楽食「煮るだけ簡単ラタトゥイユ」/名畑 のぞみ
水素バカの元気になる話「続・○○○のお話」/林 健司

 

 

「温故知新」は全国の鍼灸・柔整学校や医学書取り扱い書店に設置して頂いております。

 

また、定期購読にお申込みいただけますと毎月お手元までお送りさせて頂いております。

 

是非ご覧頂ければと存じます!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


0 コメント

紹介してくれるということ。


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

温故知新の最新号がやっと行きわたり、フェイスブックで「届いたよ!」という声を戴いております。

 

本当にありがたいことです。

 

この数々の投稿は僕にとって本当に宝物です。

 

何故かといえば、自分が投稿した記事ではないからなんです。

 

当たり前のことですが、ここが非常に大事なところで、

 

例えばあなたが

 

「治療院で患者さんを治しました!」

 

「患者さんが良くなりました!」って言うのと、

 

患者さん自身が

 

「〇〇治療院に行って〇〇先生に診てもらったらとても良くなりました!」

 

と投稿するのとはどちらが響きますか?

 

治療院自らが行うと、ちょっと売り込み臭く聞こえますよね。

 

その反面、患者さんの投稿は真実味があり、先生と患者さんとの関係性が垣間見えたり、その患者さんのお友達がその投稿を見て「私も通ってみようかな?」と思ってくれるかもしれません。

 

同じ内容の発信でもここが集客に大きな差を生むのです。

 

勿論、患者様との関係性がしっかりと作れていなければ、そんな投稿もしてはくれません。

 

僕もそんな人達を大事にしてこれからも良い関係性を持ち続けていきたいと思います。

 

 

 

今回ご自分の写真を載せて頂いた方のみの掲載となりましたが、多くの方にご紹介頂いております!

 

みなさん、本当にありがとうございます!

 

そして、これからも宜しくお願い致します!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

「温故知新」vol.24 内容の告知


こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です!

 

 

「温故知新」7月号が発刊されました!

 

特集は3か月にわたりお送りしてきた中医学特集の最終回として、大学堂鍼灸院の岡西裕幸先生に沢山のお写真をお借りして、中医学での交流や、思いを語っていただきました。

 

是非お手に取ってご覧ください。

 

 

イベントレポートは、第65回公益社団法人全日本鍼灸学会学術大会 北海道大会レポート。

 

そして今月号より新しい連載がスタートします。

 

その名も「医療接遇」!

 

書き手の上石優子先生は、元日本航空フライトアテンダントという経歴を持ち、退職6年かけて柔整、鍼灸の国家資格を取得した異色の存在。
 
日本航空在職中は訓練教官を経て客室マネジャーとして乗務員の教育、マネジメントに従事。
 
主にファーストクラスを担当し、30年近くの乗務経験の中で首相特別便などの乗務経験多数。
 
洗練された中にも人柄があらわれるあたたかみとユーモア あふれるサービスは誰にも真似できないと後輩から親しみと驚きを持って慕われていたそうです。
 
その、心からのサービスマインド は歩くカスタマーサティスファクション(CS=顧客満足)と評された伝説のフライトアテンダントです。
 
そんな先生が教えてくてる貴重な医療に適した接遇の技術です。
 
お楽しみください!

 

ますます好評な連載記事は以下の通りです!

 

鍼灸大航海時代「日本鍼灸の夜明けⅡ」/伊藤学

 

鍼灸師のための経穴デザイン入門「そのツボを美しいと思ったことがありますか?」/栗原誠
北埔便り 台湾の長寿村から「北埔冷泉」/村尾則広

 

柔整師は現場経験が命「柔道整復師として一人前になるための最短距離」/山田敬一

 

元気になる楽食「栄養満点・スタミナそば」/名畑のぞみ

 

水素バカの元気になる話「〇〇〇のお話」/林賢司

 

 

「温故知新」は全国の鍼灸・柔整学校や医学書取り扱い書店に設置して頂いております。

 

また、定期購読にお申込みいただけますと毎月お手元までお送りさせて頂いております。

 

是非ご覧頂ければと存じます!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

お客様、患者様に満足して頂いていますか?


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

皆さんは「接遇」という言葉は聞いたことがありますか?

お客様商売をしている方の殆んどの方が知っている、また、学んだことがあると思いますが、この接遇。意外と治療家・施術家の中には浸透してはいません。

昔から先生、先生と言われているので慣れてしまって横柄な対応になっている治療院も多いのが現状です。

患者様とフレンドリーな付き合いが良い場合もあります。

でもそれは、お互いの関係をシッカリと把握していて基本の部分で接遇の精神がキチッと出来ていて初めて成り立つものです。

いま大きな病院に行くとシッカリと教育されているな。と感じます。

いつの間にか個人で経営している治療院・施術院は取り残されている気がします。

お客様が安心して、気持ちよく通院してくれるにはこの「接遇」が今一番大事なものだと感じます。

今月の「温故知新」から新たな連載として「医療接遇」が開始します!


医療現場に必要な接遇を優しくかつ的確に説明して下さるのは、上石優子先生。

上石優子先生は、元日本航空フライトアテンダントという経歴を持ち、退職6年かけて柔整、鍼灸の国家資格を取得した異色の存在。

日本航空在職中は訓練教官を経て客室マネジャーとして乗務員の教育、マネジメントに従事。

主にファーストクラスを担当し、30年近くの乗務経験の中で首相特別便などの乗務経験多数。

洗練された中にも人柄があらわれるあたたかみとユーモア あふれるサービスは誰にも真似できないと後輩から親しみと驚きを持って慕われていたそうです。

その、心からのサービスマインド は歩くカスタマーサティスファクション(CS=顧客満足)と評された伝説のフライトアテンダントです。

そんな先生が教えてくてる医療に適した接遇の技術。

為にならないわけがないですよね!

プロが教える接遇の極みを是非感じ取って下さい!

「温故知新vol.24」は7月15日発行です!


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


花よりダンゴ。天の川よりチキン。


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

今日は七夕ですね〜^ ^

願い事が多過ぎて笹が折れてしまうのではないか心配です(^_^;)

我が家では何かお祝いや記念日には必ずと言ってチキンを食べます。

七夕にチキン。

まるで似つかわしくはありませんが、要はチキンが食べたいだけです^ ^

単なるコジツケです。

そんな訳で夕方からここコストコにチキンを買いにやって来ました。

1年中安定してチキンのレッグを買えるのはケンタッキーかここぐらい。

ここのチキンを買うがためにコストコの会員となっていると言っても過言ではない。

チキン買うだけのつもりで見ていたらマクラが安い!

低反発マクラ2個で980円!


ものも悪くない。

うちで使っていたものはヘタってきているので買うことに。

しばらく見ているとアレよアレよと言ううちにマクラは売れて行く。

きっとみんなマクラ買いに来たんじゃないよね〜(^_^;)

僕と同じくチキンだったり一杯入ったロールパン買いに来たんでしょ?

ネットショッピングでもそうだけど、はじめに意図していないものをついつい買ってしまうことがありますよね。

お店のレイアウト考えるって凄いことです^ ^

治療院にとってもお店の動線って大切です。

待合室が狭かったり、患者さん同士が鉢合わせしてしまったり、開業時に考えていた動線が微妙に狂ってくることも多いですよね。

限られたスペースをどう活かすかでお客様満足度が大きく変わってきます。

今度そんなお話もインテリアコーディネーターの方を交えてしていきたいと考えています。

今日の関東地方は一面雲に覆われて織姫も彦星も見えません。

まぁ人のイチャイチャを見ててもつまんないから、チキン食べて満たされようっと。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


今更だけどテーピングって面白い!


こんにちは!治療院熱血サポーターの田村です。

現在「温故知新」vol.24の発行に向けて急ピッチで作業しております。

特集や内容につきまして近日公開させて頂きますね^ ^

今月から新たに新連載も始まりますのでご期待下さい!

さて、先日、山田敬一先生によるTLC主催「サイモンテーピングマスター講座」の第一期が終了しました。

一期生の皆さん3か月の間本当にお疲れ様でした!

テーピング技術は上達出来ましたか?

 

今回僕も一緒に学ばせて頂いたのですが、テーピングって奥が深くて面白いですね^ ^

毎日の様にあっちに貼ったりコッチに貼ったりして遊んでいます。

丁度このタイミングで僕の腱鞘炎が発覚した事もあり自分自身が被験者となりセルフテーピングを試しています。

たった15cmほどのテープを1、2枚貼っただけで痛みが取れるなんて理論を知らない人から見たらマジックかマヤカシに思えるのでしょうね。

第二期は秋口を予定しています。

開催日が決まり次第、またご報告させて頂きますね。

では、編集作業に戻りますね〜。

それではまた〜!

治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら

 


4 コメント

立場が変わると見る風景も変わる。


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

ウォーターインスティーチュートの林賢司社長のご紹介でわかさ出版社様の取材に応えさせて頂きました。

水素水の特集を組まれるとのことで、やまだ整骨院院長の山田敬一先生と僕とでお話しさせて貰いました。

約8万部発行の「夢21」に山田さんと僕それぞれ1ページ頂いての掲載となります。

いつも取材をする方で取材を受けることには慣れていなかったので、前の日から資料を作っては直し作っては直ししてやっと納得できるものを持ってわかさ出版社のある茗荷谷へと向かいました。

前もって山田さん林さんの3人で打ち合わせしてから行きましょうとコーヒー飲みながら作戦会議。

こんな感じで話そうと思ってるんですけどって打ち込んだ文章見せたら、「こんなの用意して来たんだ、真面目だね」って…えっ!あなたがた何も用意して無いの?

何なのその余裕はーーーっ!

やっぱり慣れてる人達は違うなぁと思いながら、林さんはどんな感じで喋るのって聞いたら、「え?僕は話しませんよ」って、えーーーーっ!喋んないの?

林さんから持って来てくれた話なのに喋んないのーーーっ!

さてどうなることやらで、わかさ出版社に到着。

内容的なことは余り書いちゃいけないらしいので、取材の雰囲気この写真で。


取材は約一時間半くらいだったと思います。

東洋医学のこともっと一般の方へ広めたい思いから、そこらへんのお話しもさせて頂いたのですが、なにせ水素水の特集なので何処まで使ってくれるやらですが、とても有意義な時間でした。

先にも書いたように僕は普段取材する側の人間です。

それが取材を受ける側になった時の不安や期待など身を持って体験することが出来た事が、これからの雑誌作りに大きくプラスになるものと確信しています。

今回この様なお話しを繋いでくれたウォーターインスティーチュートの林賢司社長。本当にありがとうございます!

校正原稿の出来上がりが楽しみでなりません。


さてさて、明日はTLC主催の「サイモンテーピングマスター講座ベーシック編」の最終日です!


僕も気合いを入れて勉強しますよっ!

そのレポートはまた後日に!

治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


自分の会社の状態を理解出来ていますか?


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

我が社、セラピスト・リーダーズ・カレッジの決算申告が今月末となりました。

決算だから税理士さんとやり取りが大変って思われる方も多いでしょうけれど、うちは税理士さんと契約はしてません。

何故かって自分で申告書の作成まで出来てしまうから。

勿論個人の確定申告じゃなく会社のですよ^ ^

自己資本比率や、回転率など全て自分で計算出来てしまうから経営状況も予算管理も、経営計画も自分で組み立てることが出来ます。

会計事務所に何年か勤務していた経験や財務担当としてのキャリアのお陰だと思っています。

 

え?何?自慢?って思われるでしょうけど、意外とココが重要で、自分の会社が今どういった状況にあるのか把握出来ていない社長や個人経営者が多いのです。

「最終的にお金が余ってるから良いじゃない」と思われる方が多いのですが、財務という面で考えると手に入れた資金や設備をどのくらい経営に活かせられているのか。その回転率が重要になってきます。

物や人による利益率の向上は会社を活性化させるには必要不可欠です。

試算表の見方だけじゃなく、どこの数字をどうすれば会社の状態が良くなるのか。また、それにはどういった行動が必要なのか。

毎月高いお金を払って顧問税理士さんに見てもらってるのに勿体無いですよ。

任せるのではなくアドバイスを受けながら一緒に一歩先へ進む方向を考える。そんな関係性を築いて行けるのが本当の意味での顧問契約だと考えます。

税理士事務所は従業員が派遣される事が多いですが、特に小さな会社の担当には経験年数の少ない勉強中の若手が充てがわれます。

彼らは顧問ということに関してそこまで重い、また楽しいものだという意識はありません。結構その場のハッタリで顧問先を回っている輩も多いのが現状です。

なので、逆に宿題を出してあげましょう。

次回来るまでに営業利益を上昇するプランを持って来てくれと。

それが彼らの勉強にも繋がるのです。

是非一度お試しを。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

「温故知新」が目指すもの。


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

「温故知新」創刊号発行から約2年が経ちました。

今もそうですが、初めは試行錯誤の繰り返しでした。

偉い先生に書いてもらって読んでもらうのは「医道の日本」があるので必要が無い。

もっと現場に近く親近感の湧く、特に学校に通っていてこれから臨床の道を歩き始める方や、開業間も無い方々にこの業界のオモシロさを伝えていけるような記事作りが出来ればと考えスタートしました。


まずどの先生にお願いして記事を書いて貰おうと考えた時に真っ先に浮かんだのがブログ記事でした。

治療家ブログランキングの上位の先生方は、それだけ若い人の注目を集めている。と、考えたのです。

発信力も勿論の事、文章の組み方も慣れた先生が多いだろうと。

しかし、このブログランキング、いろんな方法で上位を獲得している先生も多かった、ここから選別し、雑誌のタイトル「温故知新」のカラーに相応しい先生方にオファーを出させて頂きました。

海の者とも山の者ともつかぬ僕のオファーに、真摯にご対応下さり、連載をスタートさせて頂きました。

それから特集記事などでお世話になった先生方にもその後連載としてお付き合いを頂き今に至っています。

「温故知新」が目指しているのは「この業界の発展です」。

と、言えば聞こえはいいのですが、もっと一般の人達に東洋医学の素晴らしさを知って頂き、この業界に関連のある人達がもっと豊かになる事。

お金だけでは無く社会的地位を上げることが目標としているところです。

それにはこれからの業界を背負っていく若い方の力が必要不可欠だと考えます。

だからこそ各学校様にお願いして置いて頂けるように致しました。

この業界、中に対する動きはあるのですが、外に対してはまだまだ動きが少な過ぎる感があります。

もっとアクティブに。

前へ前へ進んで行きましょう!

勿論、僕も最大限のお手伝いをさせて頂きます。

治療家熱血サポーターなのですから^ ^


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


キラーストレス


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

今日は一日何処にも出掛けずに家にいました。

カミさんは実家へ帰り、息子は1人で映画を見に行き1人家に残されることとなったからです。

たまに1人で家にいると時間を持て余してしまうのですが今日は色々とやることがあり充実した時間を過ごすことができました。

取材やら何やらで人に会うことが大好きな僕ですが、たまには1人になりたい時があります。

外出が多くある月などはその反動からか一日誰とも会いたくない日があったりもします。

そんな時は家族にも実家に行っていてもらったりして自分だけの時間を持たせてもらっています。

誰でもあることとは思うのですが、僕の場合は特にそのギャップがとても大きいのです。

普段からそれほど気を使う性格でもなく、外で大きなストレスを感じることも なく、一体何がそうさせるのかわかりませんが、周りに人がいるだけでイライラしていてもたってもいられなくなるそんな状態に陥ります。

1人になって何をしてるのかと言えば、いつもとやっている事は大した変わりもないのですが、僕にとってこの一日が気持ちをリセットするのにとても大事な時間だと思っています。

人間誰しもが他者に対して知らないうちに少なからずストレスを感じているものです。

ストレス反応の暴走により引き起こされる脳出血や心不全。またストレスが遺伝子に影響を与え発生させるガンなど、今ストレスがどのように身体に影響を与えるのか科学的に解明されて来ています。

NHKスペシャルでも「キラーストレス」というシリーズで先日放送されていました。

 

下のNHKのリンクから今のあなたのストレス蓄積度合いをチェック出来るようになっています。


ご興味のある方は是非試してみることをお勧めします。


自分をリセット出来る時間。

また、患者様、お客様をストレスから解放してあげられる時間をどう作っていけばいいのか。

あなたはしっかりと考えていますか?


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

「温故知新」vol.23 内容の告知


こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です!

 

まだ今月号の告知をしていませんでしたので、遅くなりましたがここでさせて頂きます。

 

6月号の特集は中医学特集第2回目として、はりきゅうマッサージすこやかな森院長、中医鍼灸東京健鍼会会長の若杉寛先生にお話をお伺いしました。

 

長年臨床にこだわり中医学を学ばれてきた先生だからこそのご発言の数々でした。是非その奥深さに触れてみてくださいね。

 

イベントレポートは3つ。

 

天使のたまご×湘南鎌倉バースクリニックオープン記念コラボセミナー「第2回チャレンジセミナー 鍼灸師は”医師”を3時間でなっとくさせられるか?!」レポート

 

セイリン株式会社主催「貼るだけかんたん美顔塾」セミナーレポート

 

 

イトウメディカル主催「管鍼・陰陽てい鍼®活用講座」レポート

 

 

 

そしてますます好評な連載記事は以下の通りです!

 

 

 

鍼灸大航海時代「世界規模での鍼灸業界の未来を考えるⅢ」/伊藤学

 

 

目からウロコの物理学的経絡治療「左右の経絡の寸法をそろえる!③」/岡西裕幸

 

鍼灸師のための経穴デザイン入門「動きを整えるメカニズム」/栗原誠

 

東洋医学の道 「「湿邪」の弁証」/西野雅也

 

 

北埔便り 台湾の長寿村から/村尾則広

 

 

柔整師は現場経験が命「正当に保険を取り扱うためにも技術は必要」/山田敬一

 

 

元気になる楽食「野菜たっぷりマーボ豆腐」/名畑のぞみ

 

水素バカの元気になる話「お水のお話」/林賢司

 

「温故知新」は全国の鍼灸・柔整学校や医学書取り扱い書店に設置して頂いております。

 

また、定期購読にお申込みいただけますと毎月お手元までお送りさせて頂いております。

 

是非ご覧頂ければと存じます!

 

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

努力の果てに待つモノは。


こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

今日はプライベートな投稿になります。

中学2年になるうちの息子は、塾通いするも、なかなか成績に結びつかず塾を転々としていました。

うちは中学受験は行わなかったため高校受験と言う高いハードルをクリアしないといけないので、週に4日、テスト期間は週6日夜中遅くまで塾に通い、家でも遊ぶ暇のないくらいの勉強というハードな毎日を送っています。

それなのに結果が伴わず、泣きながら

「僕はこんなにも頑張っているのに何で点数が取れないんだろう。」

「僕は本当に馬鹿なんじゃないのだろうか。」

と、自暴自棄に陥った時期もありました。

しかし半年前から通い始めた個別指導塾は彼の勉強スタイルにマッチしたようで、そのおかげで今回の中間テストは80点90点のオンパレード。

クラスでも一番二番を競う点数を取って来ました。

採点用紙を貰って帰ってきて彼が発した一言は

「努力は報われる」

でした。

 

今まで流した涙の分、彼にとってこの結果は替え難い経験となりました。

こういった経験が自信に変わっていくのだろうな。と、とても誇らしく思えました。

子供の行動に親がドキッとさせられる事がよくあります。

僕は息子以上に努力出来ているのだろうか?

息子に恥じない働きをしているのだろうか?

負けないよう、僕も毎日を生きて行こう。

そう思えた6月のある日でした。

親バカ記事でした最後まで読んでくださってありがとうございます^^


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

繋がりの時代。関係性、影響力をどうつけるか。


こんにちは治療家熱血サポーターの田村です。

昨日はフロリダ族セミナー外伝《今夜はヤマダ》「好きな人を応援し、好きな人に応援されて、影響力で売上アップ」に参加してきました。

 

場所は下北沢の小劇場。

到着する頃には雨も止んで晴れ間も差し、気持ちいいくらいの天気。

実は前の日、編集作業が忙しくほとんど寝ないでこの会場にやってきていたのです。セミナー中寝てしまうんではないかと不安でいっぱいでした。

セミナー講師はTLCの理事、サイモンこと山田敬一先生。それから、前回「大人のしゃべり場」でも話してもらった、コーヒー専門家のワッキーこと立脇潤さん。スペシャルゲスト講師として伊豆の国で酒屋「すぎやま商店」を経営されるスギちゃんこと杉山雅一さんの3名。

セミナーの内容は割愛させて頂きますが(書かないんかい!)それぞれ愛情に富んだ講演でした。

杉山さんの富士山への深い愛情。ワッキーのコーヒーに対する深い愛情。サイモンのダムに対する深い愛情。

…ん?

何のセミナーだっけ?(笑)

もちろん、その話だけで終わってしまった訳はなく、お客様との関係性の作り方をじっくりと教えて貰いました。

セミナーを寝ずに最後まで楽しめたのは、そんな思いの熱さが伝わって来たからだと思います。

そしてまた、影響力を持つには関係性の重要性を再認識させられたセミナーでした。

 

繋がり、関係性のビジネスはこれからの特に中小企業、個人経営には必要不可欠なものです。


新規ではなく既存のお客様を如何に大切に思い接することが大事で、思いはそのお客様からその関係者に届く。そして紹介という形で拡散していくもの。

大企業と同じ路線を走るのではなくこういった形で独自化を目指すほか生き残りは出来ません。

また、本業とは全く関係のない趣味の話題をどう活かし、濃い関係性を構築することなど、本当に勉強になった1日でした。

僕の今の仕事もSNSでの繋がりによって知り合った先生方とで成り立っているもの。

リアルでもSNSでも同じこと。

関係性をどう作り出してそれをどう相手に伝え必要と思って貰うか。

僕自身、もう一度立ち返って考えて行きたいと思います。


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

映画評論家になっちゃったの?

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。


何日か前からインスタグラムで映画評論を始めました。

プロフィールにも書いてある通りで、僕は映画が大の趣味で、小学校の頃劇場に見に行ったのを皮切りにドップリと浸かってしまいました。

高校生の頃は観るだけじゃ物足りなくなり、仲間と一緒に8mmで作品を撮ったりもしていました。(作品とはとても呼べない出来でしたが(^_^;))

今、その仲間のうち2人が映画や映像に関わる仕事に就いています。少し羨ましく思います。

僕の場合、映画から派生してシナリオを作る事が好きになり、自分で書いた文章を他の人に読んでもらいたいが為、情報誌、ミニコミ紙などの制作を中学の時からやっていました。

自分だけの文章ではボリュームも内容的な膨らみも出ないので、人に依頼して書いてもらったり、学生だからお金も無く、印刷するのにコストが掛からないように走り回ったり。

考えてみたらこれが今やっている出版の原点だったんだなあって思います。


そんなこんなで始めた映画評論。

一つの映画に対していろんな考えがあると思います。

書いてある評論は勿論、僕という人間の物の見方。

僕という人間を分かってもらうには一番良い方法かな?と思います。

暇つぶしにでも読んでみて下さいね^ ^

治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

今。そして、これからのこと。

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

独立してから早、4ヶ月が経過しました。

本当に早い。

でも前の会社のことを考えると遠い過去のようで不思議な感覚です。

まあ、独立は初めてじゃないので割とスムーズに移行出来たかな?と思います。

資金繰り以外はね(笑)。

 

会社を辞めたことによって楽になった点、大変になった件。いろいろとありますが、僕がいま一番感じているのは人との繋がり。

 

会社に在職していた会社員としての田村。独立して社長となったが後ろ盾を失った田村。環境は全然違うのに、僕自身を信じ、協力や支えて下さっている方々にはとても有難く感じています。

 

会社と会社の繋がりではない、個人と個人の関係性。

 

僕もこの人達にとって、どうやって役立つ人間になっていくかを考えて生きていきたいと思っています。

 

▲写真には載っていない方々にも本当にお世話になっています。挙げればキリがありません。これからも宜しくお願い致します!

今の僕に出来ること


治療家熱血サポーターなのに僕が一番サポートして貰っていては名前が廃る。

 

では、今の僕に一体何が出来るのか。

考えてみました。

 

◎ 現在出版しているフリーペーパー「温故知新」を使ってもっともっと有益な情報をお届けする。

 

◎ セミナーやスクールなどを通し、業界の技術の底上げを行う。

 

◎ 一般の方々にもっと東洋医学を認知して頂くために各種イベントを行う。

 

今の僕には取り敢えずここまでは出来る。

なので今年1年間これで突っ走ります。

 

特に3番目の一般を巻き込んだイベントは、業界の底上げには一番重要なことだと考えていますので、全国規模で行っていく考えです。

 

僕自身楽しいことしかやりません。

そして、周りの人にも楽しんでもらえるようなビジネスをこれからも続けていきたいと考えています。

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジ、温故知新をこれからも宜しくお願い申し上げます!

 


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

人との繋がりがビジネスを加速させる

こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です。

 

今日はちょっと硬い内容で「ビジネス」について考えてみようかと思います。

 

B to B。(ビジネスとビジネス)の繋がりと、B to C(ビジネスとコンシューマ)の繋がり。また、C to C(コンシューマとコンシューマ)。

 

過去、会社に入って仕事を進めていくにあたり一番大切なのはB to Bの関係だ。と教えられてきました。

 

如何に大きな会社と組んで大きなビジネスを成功させるか。

 

大手企業などでは未だこの手法が取られています。

 

それが間違いとは言いませんが、中小企業や個人経営者がそれを行っているのをよく目にします。

 

バブルの時代はそれでも上手く行きましたが、今の時代は勿論上手く行く筈もなく、折角良いアイディアがあったとしても大手にパクられて、よほどのスキマ産業でない限りは継続は難しいのが現状です。


では一体どうやって商いを行っていけばいいのか?


ここからはあくまで僕の考えとやり方のお話です。


以前は僕もどうやったらライバル会社に差を付けることが出来るか。どうやったらもっと売上を伸ばすことが出来るか。そればかり考えていました。


そんな中、現在仕事のパートナーとしてTLC理事として活躍して頂いている山田敬一さんに「面白いセミナーがあるから」と、誘われて参加したのがエクスペリエンスマーケティング塾。

確かに今まで行った事のあるどんなセミナーよりも面白く説得力のあるものでした。


セミナーに何度か参加させて頂いているうちに、エクスペリエンスマーケティングの創始者である藤村正宏先生とお話し出来る機会があり、「毎日のように全国を飛び回って講演されてて大変そうですね」と言った途端、先生が空かさず返してくれた答えが「だって楽しんだもん」でした。

上の写真はその時撮ったものです。

 

僕は塾生でも何でもありませんが、この一言、この瞬間から僕の中に蓄積していた重しが一気に取れました。
実はビジネスに大切なものって数字とかじゃなく楽しむこと、楽しませることだったんです。
自分の楽しい事しかやらない。楽しませる仕掛けをドンドン発信しよう!
そう思えるとライバル会社がどう、とかつまらない事に意識が行かなくなりました。
 
そしてB to Bの発想から個人的な人の繋がりの発想へとシフトして行きました。
 
信頼出来る、信頼してくれる人達が増えてきて中小には出来ないような仕事も出来るようになってきました。
 
繋がりの大切さ。
身を持って感じています。
 
先日4月29日、大人のしゃべり場というイベントを開かせて頂き、連休初日だと言うのに50人以上の来場者にご参加して頂きました!
 
面識の無い方も多く、名刺交換無しのパーソナルな集まりでしたが、皆さん楽しんで頂けたかなと思っております。
連絡してって言って下さった方々、新たな繋がりで、また新しい「楽しみ」がスタートする予感がしています。
 
今、仕事が辛いと感じている方。
仕事を楽しみましょう。
好きな事を仕事にしましょう。
楽しいことは辛く無いのですから。
 

治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

すべてを伝える情熱は人を動かす。

こんにちは!治療家熱血サポーターの田村です。

 

あっ!

 

と。言う間に暦は5月になりました。

本当に早い。

こうやってあっという間に天に召される日がやって来るのでしょう。

今を楽しまなきゃ。

さて、何処へ出掛けようかな?

 

ん。ブログ書いてる途中だったっけ。

 

ゴールデンウィークですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

治療家の多くはお仕事なんでしょうね。

僕も負けじとお仕事しますっ!(変なところで競争意識を無駄に使う私)

 

昨日TLC主催による「謳歌健燗〜大人のしゃべり場〜」を開催し、50名を超える方々に連休初日だというのに集まって頂き、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今回はその話を。

 

…しようと思ったのですが、ふと考えてみたら前回開催した講習のお話がまだでしたので、まずはそちらのお話から。

 

◽️ サイモンテーピングマスター講座

4月24日(日)。

とうとうTLC初の講座(スクール)が開講致しました。

 

「初」と言ってしまうと、「いやいや、これまでもやっていたでしょ」ってツッコミを頂きそうですが、実は今まで単発のセミナーばかりで、ジックリと教えてゆくようなスクールは初めての試みとなりました。

 

「ベーシックコース」として全3回。

しかも連続したものにしないで1ヶ月に1回。学んだものを反復し、自分のものに出来るようにと、ワザと期間を空けての実施となります。

 

どうやったら分かり易く、しかも即戦力としてシッカリとした技術を身に付けて頂けるか。この1年間講師である山田敬一先生と練りに練ってきたスクールです。

 

初回は少人数の参加となりましたが、主催している僕が言うのも何ですが、本当に満足のいくスクールに仕上がりました。

 

それはきっと山田先生のこんな気持ちが乗ったスクールだから。

「僕の全てを伝えていく」。

 

その言葉通り、1回目参加者とは「きっと彼らが今後一緒にテーピングを広めていく仲間になるんだろうな」と思えるほどの絆が出来上がったと感じさせられました。

 

次回スクール2回目は5月22日(日)開催予定です。

 

全3回ですが、途中参加も出来ますので(3回目終了後、振替で1回目を受講して頂きます)ご予定のつく方は是非ご参加ください。

 

僕らと一緒に治療家の明日を切り開きましょう!

 

セミナー詳細・お申し込みはこちら↓

「サイモンテーピングマスター講座」 ベーシック編


治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら

治療家熱血サポーター 田村貴法

 

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジの理事長として、治療家・施術家向けのセミナー、スクールを開催。

業界向けフリーペーパー「月刊 温故知新」を発行し、全国の学校や書店に設置。

医療機器用具の販売サイト「温故知新オンラインショップ」を運営。

治療家・施術家に役立つ情報をドンドン発信していきます!

「月刊 温故知新」の情報はこちら

「温故知新オンラインショップ」はこちら


4 コメント

テーピング技術はお金にならない?

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

さて、いよいよ開講します「サイモンテーピングマスター講座 ベーシック編」。

本当に楽しみです!


何故今「テーピング」なのか。


一 般の方にはこんなにも普及したテーピング。

でも何故か治療家・施術家はその技術を蔑ろにしがちです。

 

「テーピングではお金が取れない」

良くそんな声を耳に します。

 

ですが、治療家・施術家の技術を見ていて気付いたことは、「テーピング」でお金が取れないのではなく、「その技術では」お金を貰うことが出来ない という事でした。

 

某有名テーピング協会の指導員でさえ、テーピングの貼り方に”?”が付く事もままあります。

 

テーピングの技術に自信を持って施術出来る 人って本当に少ないと感じます。

こんなにも市場が広いのにそれを回避していては勿体無い!

 

某有名協会さんがしっかりとした施術者を育成出来ないのであれば作ってしまえ!

そんな発想から出来たのが「サイモンテーピングマスター講座」。

 

講師は山田敬一先生。

テーピング講師を長年務め、DVDや書籍を発行し、現在ではシュートボクシングにてトレーナー活動や、トレーニングジムでメディカルアドバイザーとして、トレーナースタッフに向けて講習を行っています。

 

今回は資格制度にして徹底的に技術の習得まで持っていく講習になっていますので、必ず次の施術に効果が出ます。

 

施術は結果が全てです。それに対し患者さんは対価を払ってくれます。

是非今回、一流の技術を手に入れて下さい!

 

ご参加、お待ちしております。

 

参加お申し込みはこちら。

サイモンテーピングマスター講座

 

4 コメント

温故知新最新号は4月25日発刊予定です。

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

大変お待たせしております「温故知新」最新刊vol.21ですが、新しい執筆陣を引っ提げ4月25日に発刊予定です!

 

あれ?3月発刊だったんじゃないの?って聞こえてきそうですが、そこは耳を塞ぎます。

うん、聞こえません。

 

余りに忙しいので猫の手を借りようと思ったのですが、ウチには猫が居ないことに気が付いて、しょうがないので犬の手でもいいかと思い作業を任せてみたのですが。。。

 

動きません・・・。

 

「犬は3日飼えば3年恩を忘れず」ということわざがあるのですが、ウチの犬は3歩歩いただけで忘れるようです。全く持って薄情至極。

 

まあ、あまり虐めると脱走してゴルフ場で捕獲劇となるので今日のところはこの辺で許してやるか。

 

さて、「温故知新VOL.21」の特集ですが、

 

ストレングス&コンディショニングコーチとして活躍されている川章広先生を取り上げさせて頂きます。

 

 

川崎先生のご経歴

ストレングス&コンディショニングコーチ

ヤムナボディローリング認定プラクティショナー

米国アラバマ大学バーミンハム校エクササイズサイエンス学科卒業

ミシシッピ州にてカレッジフットボールチームのスチューデントATを務め優勝に導く。

アラバマ州のメディカルセンターにて理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、スピーチセラピスト(SPT)のもとでインターンを経験。

米国5大バレエ団の一つであるヒューストンバレエ団の付属大学にてウエイトトレーニング講師を4年間務め、2015年には日本代表男子硬式テニスナショナルチーム冬季強化合宿に帯同。

現在、7人制ラグビーチーム「サムライセブン」のストレングス&コンディショニングコーチを務める側ら、セミナーや多方面にわたり活躍されている今注目の先生です。

 

川崎先生取材時の記事はこちら↓

http://www.therapist-lc.com/blog/archives/144

 

また、特集第2弾として、4月から開講する「サイモンテーピングマスター講座」を前に山田敬一先生からテーピングの現状とその可能性について語って頂きます。

 

イベントレポート

 

橋本多聞先生による「経筋体操-GDメソッド-」東京セミナーと、札幌で行われた天使のたまご主催による「チャレンジセミナー!鍼灸師は”医師”を3時間で納得させられるか?!」の模様をお届けします。

 

連載陣も更にパワーアップ!

 

伊藤学先生、岡西裕幸先生、栗原誠先生、橋本多聞先生、西野雅也先生、山田敬一先生、(五十音順)。

そして今号より、台湾でも活躍されている鍼灸師、村尾則広先生、水素水のパイオニア(株)ウォーター・インスティーチュート代表取締役 林賢司氏、サプリメントやハーブ、栄養学のアドバイザー 名畑のぞみ氏が加わり、ますますパワーアップした連載にもご期待下さい!

 

さてさて、制作に戻ります。

それではまた!

4 コメント

TLCサイトリニューアルのお知らせ

こんにちは。治療家熱血サポーターの田村です。

 

この度TLCサイトがリニューアルオープン致しました!

今後ここから色々お役に立つ情報をお届けして行きたいと思います!

 

まず第一弾は久々の「温故知新TV」!!

山田敬一先生による「サイモンテーピングマスター講座」のお話です。

 

また、4月の講座を前にプレセミナーを今週土曜日(3月26日)17:00~開催予定です!

開催場所は何と「やまだ整骨院」!

お客様との関係性を育む待合室の様子など治療院の中を見れる数少ないチャンスです^^

セミナーに関心のある方や、治療院を是非見てみたいという方はご参加下さい!

 

プレセミナーのお申し込みはコチラ↓

セミナー前日3/25まで申し込みは可能です!

http://onko-chishin.main.jp/20160326smn/form.html

 

5 コメント

一般社団法人セラピスト・リーダーズ・カレッジ

〒236-0057 神奈川県横浜市金沢区能見台4-3-15参番館1404

Tel: 045(517)8865


スポンサーバナー